Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

5分でわかるActiveReports帳票(2013年度版)-ページレポートにおけるグループ化と式

ActiveReports for .NET 7.0Jで作るサンプル帳票(4)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次

Tableのレイアウトについて

 最後に、Tableのレイアウトについていくつか説明します。

行の追加

 Tableはデフォルトではテーブルヘッダ、詳細、テーブルフッタの3行が定義されています。また、グループを追加するとさらにグループヘッダ、グループフッタの各行が追加されます(複数のグループをネスト(入れ子)することも可能です)。

 詳細行が1行だけだと、1レコードを複数行として表示したい場合には不便です。具体的には、1レコード中の異なる2つのフィールドを2行に分けて表示したいなどの要件が考えられます。このような場合Tableの行を追加することができます。行タブを右クリックして、「上に行を挿入」か「下に行を挿入」を選択します。すると、同じ種類の行(詳細行なら詳細行、グループヘッダ行ならグループヘッダ行)を複数行にすることができます。

行の追加
行の追加

セルの結合

 横方向のセル同士は、セルの結合が可能です。横方向にセルをドラッグで選択し、右クリックします。セルの結合、および結合したセルの分割が可能です。

 なお、縦方向にセルを結合させることは、同じ種類の行であってもできません。

セルの結合
セルの結合

Containerコントロール

 より柔軟なレイアウトにしたい時には、Containerコントロールを使用してください。

 Containerコントロールは他のコントロールを貼り付けるコントロールで、WindowsフォームのPanelコントロールに似た働きをします。これをTableのセルに配置すると、その上に自由にTextBoxなどのコントロールを配置することができます。

Containerコントロール上にTextBoxを配置
Containerコントロール上にTextBoxを配置

まとめ

 今回はページレポートのTableを使用したグループ化の方法や「式」の使い方を紹介しました。

 次回はセクションレポートに戻って、コードを使用してレポートを制御する方法を紹介します。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:5分でわかるActiveReports帳票

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5