Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

5分でわかるActiveReports帳票(2013年度版)-Matrixデータ領域を使用したクロス集計表の作成

ActiveReports for .NET 7.0Jで作るサンプル帳票(6)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
目次

集計する

 Matrixでは、「集計詳細」セルに出力された値をさらに集計して表示することができます。集計したい行ヘッダまたは列ヘッダを右クリックし、「集計」を選択して有効にしてください。行または列に対する集計結果を表示するセルが追加されます。

集計の追加
集計の追加

 前述の「月単位で集計したレポート」について、行ヘッダと列ヘッダの両方の集計を有効にした場合、以下のようになります。これは最終ページのプレビュー結果ですが、一番右の列に各行の合計が、一番下に各列の合計が表示されます(行や列が複数ページにまたがって出力されている場合、ページをまたがって集計が行われます)。

集計付きのレポート
集計付きのレポート

行を追加する

 これまでは「集計詳細」に各発送先・注文日ごとの「小計」のみを表示してきましたが、Matrixでは、複数の集計項目を「集計詳細」に追加できます。

 ここでは「小計」の下に「件数」を表示する方法を説明したいと思います。

 集計詳細セルを右クリックし、「行の追加」もしくは「列の追加」を選択します。「行の追加」を選択すると、1つの行ヘッダに対して2つの行が作成され、またそれぞれの行のための見出し用ヘッダが現れます。

行の追加
行の追加
集計行が複数になり、各行に対して見出しヘッダが追加される
集計行が複数になり、各行に対して見出しヘッダが追加される

 「集計詳細」に新たに追加されたTextBoxコントロールのValueプロパティに、件数をカウントするための以下のような式を記述します。

=Count(Fields!OrderID.Value)

 対応する見出し部分にはそれぞれ「小計」「件数」と記述します。

複数項目を表示するレポート
複数項目を表示するレポート

まとめ

 Matrixは縦と横に伸長するデータ領域であり、クロス集計表のように、他のコントロールやデータ領域では実現することが難しい表を作成できます。

 次回は、セクションレポートとページレポートそれぞれのグラフの作成方法を解説します。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:5分でわかるActiveReports帳票

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5