CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

USB接続型汎用赤外線リモコンアダプタ「irMagician」の特徴と、キットの組み立て方

小型/軽量/安価/オープンソース対応の赤外線リモコン「irMagician 」ファーストステップガイド 前編

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

マイクロUSBコネクタ

 1. 5本ある端子のうち、右側一本だけ予備ハンダをします。

マイクロUSBコネクタのハンダ付け
マイクロUSBコネクタのハンダ付け

 2. 5本の端子にフラックスを塗ります。

 3. 慎重に位置合わせをします。

マイクロUSBコネクタの予備ハンダ
マイクロUSBコネクタの予備ハンダ

 4. ハンダコテを右側の端子に当てます。盛り上がっていたハンダが解けて、端子がわずかに下がります。

 5. 正常な位置に部品が載っているかを確認します。

 6. シールドの端子を仮どめします。コネクタに力をかけると、せっかく付けた端子が取れてしまうので注意します。

 7. フラックスを端子の上に塗ります

 8. 残っている端子のハンダ付けをします。

 9. 導通確認。端子からは最寄りのビアまでの経路を確認し、テスタで導通確認します。

 10. シールドの残り部分のハンダ付けして、固定します。

マイコン

 マイコンも今までと同様の方法で、ハンダ付けします。取り付け向きに注意します。

  1. 向かって右下のハンダ面に予備ハンダをします。
  2. 向きに気をつけて、マイコンを載せます。
  3. 先ほどの予備ハンダの端子をハンダ付けします。
  4. 対角線方向の端子をハンダ付けします。
  5. マイコンの足、すべてにフラックスを塗ります。
  6. 端子をハンダ付けしていきます。

LED

  1. 極性の確認
    シルクパターンを見て、極性を確認してハンダ付けします。LEDの色分けは完成写真を参考にしてください。
     
  2. 位置決め
    足は一本だけハンダ付けを行い、位置決めをしてから残りの足をハンダ付けします。
     
  3. リード線の切断
    余分なリード線を切断します。切り取ったLEDのリード線は捨てずに取っておきます。このリード線はブートローダモードに変更する時に必要になります。

IRセンサ

  1. リードフォーミング
    足をラジオペンチなどで直角に折り曲げます。
     
  2. 位置決め
    LEDと同様に最初は真ん中の足だけハンダ付けして、位置決め後に残りのハンダ付けを行います。
     
  3. リード線の切断

赤外線LED

  1. 極性の確認
    シルクパターンを見て、極性を確認します。
     
  2. リードフォーミング
    IRセンサと同様に、足をラジオペンチなどで直角に折り曲げます。
     
  3. 位置決め
    足は一本だけハンダ付けを行い、位置決めをしてから残りの足をハンダ付けします。
     
  4. リード線の切断
完成状態(LED、IRセンサの配置確認)
完成状態(LED、IRセンサの配置確認)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:小型/軽量/安価/オープンソース対応の赤外線リモコン「irMagician 」ファーストステップガイド

著者プロフィール

  • 大橋 修(大宮技研合同会社)(オオハシ オサム)

    大宮技研 エグゼクティブ・エンジニア。 都立高専電気工学科卒業後、日本精工(株)でエアバッグの制御ソフトウェア開発、ボッシュ(株)にてエンジンマネージメントシステム開発、適合ツールの開発、プロジェクトマネージメント、ノキアにてシンビアンOS用ミドルウェアS60の開発などをおこなう。インテルを経て、...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5