SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

著者情報

大橋 修(大宮技研合同会社)(オオハシ オサム)

大宮技研 エグゼクティブ・エンジニア。

都立高専電気工学科卒業後、日本精工(株)でエアバッグの制御ソフトウェア開発、ボッシュ(株)にてエンジンマネージメントシステム開発、適合ツールの開発、プロジェクトマネージメント、ノキアにてシンビアンOS用ミドルウェアS60の開発などをおこなう。インテルを経て、首都大学東京・産業技術大学院大学在学中に大宮技研を創業、大学院を修了し現在に至る。


執筆記事

  • USB接続型汎用赤外線リモコンアダプタ「irMagician」を使ったシステム構築の方法

     後編は実際にirMagicianをホストに接続し、実際のシステムを構築する方法について解説したいと思います。irMagicianはCDC-AC...

    7829_arena.png
    0
  • USB接続型汎用赤外線リモコンアダプタ「irMagician」の特徴と、キットの組み立て方

     「IoT」なる言葉がよく聞かれるようになりました。CodeZineでもIoTの記事が掲載されています。IoTはInternet of Thin...

    7780_arena.png
    0
  • 【第9回】ターゲットの製作(その4)

     前回制作したターゲットの動作確認をしてみましょう。

    3719_arena.png
    0
  • 【第8回】ターゲットの製作(その3)

     今回はターゲットマイコンの組み立てから動作確認までを解説していきます。

    3717_arena.png
    0
  • 【第7回】ターゲットの製作(その2)

     アダプタボードの組み立てを順を追って説明します。いきなりやると失敗します。まずは頭の中で組み立ての手順をシミュレーションします。充分にシミュレ...

    3718_arena.png
    0
  • 【第6回】ターゲットの製作(その1)

     Eclipseの汎用性と組込み開発の特殊性の両方を軸に、実際のターゲットであるARM マイコンを使って、マイコン開発を行っていきます。サーボモ...

    3716_arena.png
    0
  • 【第5回】Eclipseとプラグイン

     Eclipseの汎用性と組込み開発の特殊性の両方を軸に、実際のターゲットであるARM マイコンを使って、マイコン開発を行っていきます。サーボモ...

    3715_arena.png
    0
  • 【第4回】OpenOCD

     Eclipseの汎用性と組込み開発の特殊性の両方を軸に、実際のターゲットであるARM マイコンを使って、マイコン開発を行っていきます。サーボモ...

    3714_arena.png
    0
  • 【第3回】ターゲット接続の準備

     Eclipseの汎用性と組込み開発の特殊性の両方を軸に、実際のターゲットであるARM マイコンを使って、マイコン開発を行っていきます。サーボモ...

    3713_arena.png
    0
  • 【第2回】ホスト

     Eclipseの汎用性と組込み開発の特殊性の両方を軸に、実際のターゲットであるARM マイコンを使って、マイコン開発を行っていきます。サーボモ...

    3712_arena.png
    0
  • 【第1回】Eclipseと組込み開発

     Eclipseの汎用性と組込み開発の特殊性の両方を軸に、実際のターゲットであるARM マイコンを使って、マイコン開発を行っていきます。サーボモ...

    3711_arena.png
    0

11件中1~11件を表示

戻る

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング