Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

フリーのビッグデータ分析学習環境を使って、Apache Sparkによるバスケット分析を行ってみる

「Cloudera Quick Start VM」を活用したビッグデータ分析の学習環境構築 第3回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/06/12 14:00

 前回の記事では、Impalaを使って、構造化データ(RDBMSからインポートしたデータ)の分析と、Hiveを使用して非構造化データ(アクセスログ)の分析を行いました。今回は、Apache Sparkを使って簡単なバスケット分析を行ってみましょう。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 嶋内 翔(Cloudera株式会社)(シマウチ ショウ)

    2011年、Clouderaの最初の日本人社員として入社。サポートエンジニアとして3年務めた後、セールスエンジニアとして働いている。監訳書に「Apache Sqoop クックブック」。ライフワークで技術系ポッドキャスティング garsue.fm のファシリテーターを務めている。

バックナンバー

連載:「Cloudera Quick Start VM」を活用したビッグデータ分析の学習環境構築
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5