Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

こんなに手軽にIoT開発! SORACOM Air / Beamを触ってみよう【後編】 ~ センサーデータをクラウドに送る

AWS IoT/DynamoDBのデータ保存設定とSORACOM Beamの中継設定、サンプルアプリの改修

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/12/25 14:00

 先月から2回にわたり、従量課金やAPIが特徴の新しいIoTプラットフォームサービス「SORACOM」を利用した簡単なIoTシステムを作成しています。前回は、Raspberry Pi 2 Model Bに搭載した光センサーのデータを収集するところまで、システムの作成を進めました。今回はいよいよSORACOM Airを利用して、収集したデータをAWSクラウドに送信してみます。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 大瀧 隆太(オオタキ リュウタ)

    クラスメソッド株式会社 AWSソリューションアーキテクト。SORACOMをクラウド屋とデバイス屋をつなぐ夢の架け橋と捉え、SORACOMによるクラウド活用ネタの技術ブログを日夜執筆中(会社ブログ:http://dev.classmethod.jp)。近日立ち上げと噂のSORACOMユーザーグループ(...

バックナンバー

連載:こんなに手軽にIoT開発! SORACOM Air / Beamを触ってみよう
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5