Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ソラコム、SORACOMサービスの海外利用やVPN接続、デバイスLAN接続などの新機能・新サービスを矢継ぎ早に発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/07/13 15:55

 ソラコムは、同社が展開するIoT通信プラットフォーム「SORACOM」の新サービスを本日開催の同社イベント「SORACOM Conference 2016」にあわせて矢継ぎ早に発表。いよいよ海外でのサービス提供に乗り出すほか、「SORACOM Door」や「SORACOM Gate」といった新機能・新サービスの提供開始、LoRaWANの実証実験キットの提供受付開始などを明かした。

SORACOMのグローバル提供を開始、実証キットも発売

 ソラコムが海外の通信キャリアと接続。7月13日より、1枚のSIMで、120を超える国と地域においてSORACOMのサービスが利用可能になる。このグローバル対応により、セルラーネットワークを利用したデータ通信を組み込んだ製品やサービスをグローバル展開するユーザーに、次のようなユースケースを提供できるという。

  • 出荷先の国ごとに通信キャリアと契約は不要になり、契約を一本化
  • 日本で製造を行い海外に出荷する製品に、あらかじめSIMを組み込んでおき、利用開始時にWebコンソールから通信開始。製品利用終了時は同様にリモートからSIMを解約
  • 海外に設置したデバイスにSORACOM Airを挿し、SORACOM Canalなどのプライベート接続サービスを利用し、閉域網でのIoTシステムを構築

 また、グローバルサービスの実証キット「SORACOM Global PoCキット」の提供受付も同日よりスタート。Global PoCキットでは、SORACOM Airでセルラーネットワークを利用したデータ通信ができるほか、SORACOMユーザーコンソールやAPIを通じた回線管理や、SORACOM Beam、SORACOM CanalといったSORACOMの提供サービスをすべて利用できる。

 SORACOM Global PoCキットの内訳は次のとおり。ただし、7月13日時点で提供するのは、海外での検証開始したい方向けのGlobal PoCキットを日本企業のみとしている。入手の申し込みはこちらのWebサイトへ。

 SORACOM Global PoCキットの内訳

  • 「SORACOM Air」グローバル対応 SIM 30枚
  • 基本料金:6ヶ月分
  • データ通信料:300米ドル相当
  • 価格:4万9800円(税込、送料別)

SORACOM Door:ユーザー企業のシステムとデバイスとをVPNで接続可能に

 SORACOM Doorは、Amazon Web Services(以下、AWS)が提供するVPN接続機能を使用して、外部システムからSORACOMプラットフォームおよびユーザー企業のシステム(以下、ユーザーシステム)とを接続する。SORACOM Doorにより物理専用線を準備することなく、SORACOM Airで接続されたデバイスから、ユーザーシステムへのトラフィックを、VPNでセキュアに直接ルーティングできる。また、SORACOM Directと一緒に利用することで、専用線とVPNを組み合わせた冗長構成もできる。

SORACOM Doorの概要図(提供:ソラコム)
SORACOM Doorの概要図(提供:ソラコム)

 SORACOM Doorの利用料金は、こちらのWebページを参照のこと。

SORACOM Gate:ユーザー企業のシステム内からIoTデバイスにアクセス

 SORACOM Gateは、SORACOM Airを挿したIoTデバイスとユーザーシステムをプライベートネットワークに参加させることで、ユーザーシステムからセキュアに、リモートアクセスやリモートメンテナンスを可能にするサービス。仮想L2接続により、同一のVirtual Private Gateway(VPG)につながったSORACOM Airで接続されたデバイス群とユーザーシステムとを、同じプライベートアドレスのサブネットに参加させる。これにより、デバイス側にグローバルアドレスを持たせることなく、プライベートアドレスでお客様システムからデバイスへのアクセスが可能にする。同じVPGにつながったデバイス間の接続も行える。

SORACOM Gateの概要図(提供:ソラコム)
SORACOM Gateの概要図(提供:ソラコム)

 SORACOM Gateの利用料金は、こちらのWebページを参照のこと。

LoRaWANの実証実験キット「SORACOM LoRaWAN PoCキット」の提供受付開始

 LoRaWANは省電力広域通信技術の1つで、低データ転送速度ながら省電力で広域をカバーできるため、IoT/M2Mに適しているとして注目を集めている。ソラコムではM2Bコミュニケーションズとの資本業務提携を通じて、LoRaWANを利用した実証実験を開始し、商用利用にむけた取り組みを進めているという。

 デバイスが得たデータは、LoRaゲートウェイに挿入されたSORACOM Airを通じて、あるいはインターネット経由で、クラウド上のSORACOMのネットワークシステムに送信される。ユーザーはSORACOM上のユーザーコンソール内で、LoRaモジュールを操作し管理できるようになる(詳細)。

 今回、提供受付を開始したSORACOM LoRaWAN PoCキットは、その実証実験向けのキットでLoRaゲートウェイが1台、マイコンボードを含んだ通信モジュールが10個、ゲートウェイ設置や利用に関するコンサルティングとトレーニングが含まれている。これを使うと、LoRaWANを用いたいエリアにLoRaゲートウェイを設置し、LoRaモジュールで取得したデータを送信できる。SORACOM BeamやSORACOM Funnelを使用したクラウド連携も可能になっている。

 入手の申し込みはこちらのWebサイトへ。

 なお、上記以外にも、「『SORACOMパートナースペース』プログラムにおける認定済みパートナーとして13社を追加認定」や「企業におけるIoTシステムの利用啓発を目的とした『IoT アンバサダー・プログラム』を立ち上げ」といった、IoT利用ならびにソラコムのビジネス拡大を促す施策のほか、SORACOMアイコンセット v1.1の公開や、「『ラズパイxソラコムで植物観察日記を作ろう』キット販売キャンペーンとハンズオンテキストの提供」といった、楽しい施策も同日に発表されている。

【関連リンク】
「SORACOM Global PoCキット」の発表
「SORACOM Door」の詳細「SORACOM Gate」の詳細「SORACOM LoRaWAN PoCキット」の発表
SORACOMアイコンセット v1.1
「ラズパイxソラコムで植物観察日記を作ろう」キット販売キャンペーン

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5