CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

著者情報

  • Mansoor Ahmed Siddiqui(Mansoor Ahmed Siddiqui)

    アメリカで活動するソフトウェアコンサルタント兼テクニカルライター。コンピュータ工学の学位を持ち、1997年からソフトウェア開発に携わる。専門分野はWebベースアプリケーション、クライアント/サーバーアプリケーション、およびn層アプリケーションの設計開発で、特に中間層とWin32プログラミングを得意とする。
    Microsoft. NET Framework、ASP.NET、C#、Visual Studio .NET、Webサービス、ADO.NET、ASP、JavaScript、eXtensible Markup Language(XML)、Simple Object Access Protocol(SOAP)、Visual C++、Microsoft Foundation Class Library(MFC)、Active Template Library(ATL)、Visual Basic 6.0、ActiveX Data Objects(ADO)、COM/DCOM/COM+、Microsoft Transaction Server(MTS)、Microsoft Message Queue(MSMQ)、SQL Server 7.0/2000、OMGのUnified Modeling Language(UML)、Rational Software Corp.のRational Rose、Java、Java Server Page(JSP)、サーブレット、Enterprise JavaBeans(EJB)、Java 2 Platform Enterprise Edition(J2EE)についての専門知識を持つ。
    現在はVisual Studio 7.0とMicrosoft .NETプラットフォームを使用。MCSD資格のほか、さまざまな言語のBrainbench認定資格を持つ。
    テクニカルライティングの他には、音楽鑑賞、水泳、クリケット、ビリヤード、友人との付き合いを楽しむ。連絡先はmansoorasiddiqui@hotmail.comおよびICQ 151707288。

執筆記事

  • 363_t.jpg
    2006/04/14

    .NET Remotingの追跡サービスと独自の追跡ハンドラの実装

    .NETフレームワークとその関連テクノロジを利用すると、処理パイプライン内に独自のフックを設けることができます。本稿では、.NET Remotingを利用して、アプリケーションのオブジェクト生成やマーシャリングを監視する方法を紹介します。

  • 138_t.jpg
    2005/08/08

    .NETでのトレースの方法と独自のトレースリスナの実装

    本稿では、.NETにおけるトレースの概要と、トレースリスナを利用してトレース情報を出力する方法を解説します。また、トレーススイッチを利用して動的にトレース動作を切り替えたり、独自のトレースリスナを実装したりする方法についても解説します。

2件中1~2件を表示
戻る


All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5