Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

コンテナ管理システム「Kubernetes 1.8」がリリース

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/10/03 14:45

 オープンソースのコンテナ管理システムKubernetes開発チームは、最新版となる「Kubernetes 1.8」を9月28日(現地時間)にリリースした。

 「Kubernetes 1.8」では、ロールベースのアクセス制御(RBAC)を正式にサポートしており、Kubernetes APIを利用したアクセスポリシー実施のための動的なロール定義が可能になっている。また、ポッドへのインバウンドトラフィックのフィルタリングでは、ネットワークポリシーによるアウトバウンドトラフィックのフィルタリングのベータサポートが追加された。

 その他のセキュリティ面での変更点としては、TLS(Transport Layer Security)による証明書の自動ローテーションに対応しており、安全なクラスタ操作を実現している。

 ワークロード面では、apps/v1beta2グループおよびバージョンにおいて、既存のワークロードをKubernetesへ移行するための安定した基盤を提供するとともに、Kubernetesをネイティブサポートするクラウドネイティブアプリケーション開発のための基盤を提供する、ワークロードAPI群(Deployment、DaemonSet、ReplicaSet、StatefulSet)をベータ版に昇格させた。

 また、ワークロードAPIは、ビッグデータワークロード実行で有効な、Apache SparkにおけるKubernetesのネイティブサポートを実現するほか、夜間のETLジョブなどに用いられるCronJobsのベータ版への昇格が行われている。

 そのほか、既存の機能における安定性を向上するとともに、いくつかの新機能がアルファ版として追加された。


【関連リンク】
Kubernetes(英語)

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5