Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

パーソルテクノロジースタッフと富士通総研、「AIエンジニア育成プログラム」を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/12/13 12:15

 パーソルテクノロジースタッフは富士通総研と提携し、ビッグデータ解析など高度なスキルを持つAIエンジニアの育成、および就業を支援する「AIエンジニア育成プログラム」を、12月1日に開始した。

 「AIエンジニア育成プログラム」では、パーソルテクノロジースタッフの技術系社員に対して、富士通総研が統計や機械学習に関する理論などの座学研修、R、Pythonをはじめとするデータ解析ツールや分析結果のドキュメント作成といった実践型研修を6か月にわたって行う。

 さらに、技術系社員は富士通総研において派遣スタッフとして長期就業し、クライアント企業のAI活用における課題解決に従事した後に、さまざまな企業にAIエンジニアとして派遣される。

 同プログラムによって、パーソルテクノロジースタッフの技術系社員はAIに関する専門家の指導のもと、高度な言語や技術を習得し、富士通総研において長期的に就業経験を積むことで、今後のキャリアアップにつなげられる。

 一方、富士通総研はシステム開発経験があり、意欲の高い人材を確保し、AIエンジニアとして育成することで、今後さらに拡大が見込まれる企業でのAI活用への期待に応えられるようになる。

 同プログラムの対象となるのは、パーソルテクノロジースタッフのうち、理数系の知識を持ち、ソフトウェア開発の経験がある技術系社員。


【関連リンク】
パーソルテクノロジースタッフ
富士通総研

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5