Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

ペパボ研究所、「IEEE COMPSAC 2018」のワークショップ「ADMNET 2018」でSSL証明書の動的読み込みに関する論文を発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/12 19:17

 GMOペパボでインターネットに関する新技術の創造と実践に取り組む研究開発組織「ペパボ研究所」は、7月23日~27日に開催される国際会議「IEEE COMPSAC 2018」のワークショップ「ADMNET 2018」に採択され、SSL証明書の動的読み込みに関する論文を発表する。

 発表される論文のタイトルは「Large-scale Certificate Management on Multi-tenant Web Servers」(高集積マルチテナントウェブサーバーの大規模証明書管理)で、著者にはGMOペパボの松本亮介氏、力武健次氏、栗林健太郎氏が名を連ねる。

 論文では、レンタルサーバやホームページ作成サービスのような、高集積マルチテナント方式で提供するWebサービスにおいて、Webサーバの起動時にあらかじめすべてのSSL証明書を読み込むのではなく、アクセスに応じて動的にSSL証明書を読み込む技術を提案する。

 GMOペパボでは、すでにこの技術を同社のホスティングサービスやECサービスに導入しており、従来の読み込み方式と比較してSSL証明書の処理に必要なサーバリソースを約15分の1に低減可能なことを確認している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5