Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Spring I/O 2018 参加レポート~Spring 5のロードマップとSpring Boot 2.0の紹介、サーバレス関連動向など

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JavaのOSS(オープンソース)フレームワーク「Spring Framework」に関する、スペインのユーザコミュニティ主催のヨーロッパ最大規模のイベントである「Spring I/O 2018」が2018年5月24日、25日にスペイン・バルセロナで開催されました。

目次

 基調講演で語られたSpring Frameworkのロードマップや2018年3月にリリースされたSpring Boot 2.0に関する話題、人気を集めたマイクロサービス関連のセッションについてなど、現地で得られた情報をレポートします。

会場のPalau de Congressos de Barcelona
会場のPalau de Congressos de Barcelona

本記事のレポーター

  • 岩塚卓弥、堅田淳也(NTTソフトウェアイノベーションセンタ)
  • 浅原舜平、山田真也(NTTデータ)

Spring I/Oとは

 Spring I/Oは、javaHispano(スペインのJavaユーザグループ)のメンバーであるSergi Almerさんがオーガナイザを務めるSpring Frameworkに関するカンファレンスです。Springやその周辺の技術的なトピックを中心に扱っており、講演を聴講する形式のセッション以外に、ワークショップ形式のセッションに参加することもできます。過去にはメキシコシティやマドリードで開催されたこともあるようですが、ここ数年はバルセロナで毎年5月頃に開催されています。

 筆者(岩塚)は2015年から本カンファレンスへ参加しており、2018年の今回が4度目の参加です。年を追うごとに参加者は増えてきていたのですが、2018年の参加者数は、2017年からほぼ倍増となる1000名となり、最初に参加した回と比較すると、かなり大規模なイベントになったと感じました。主催者の発表によるとやはり開催地に近いヨーロッパ諸国からの参加者が多く、国別に見た参加者数Top 5はすべてヨーロッパの国々でした。

世界46カ国から1000人の参加者が集まった
世界46カ国から1000人の参加者が集まった

 イベントのスポンサーとしては、最上位のプラチナスポンサーであるGoogle Cloudを含め12社が名を連ねており、NTTデータのグループ企業であるeveris社もゴールドスポンサーとして協賛しています。会場となった3フロアのうち1フロアはスポンサーブースが展開されており、セッションの合間などの空き時間には多数の参加者がブースを訪れてスポンサー企業のメンバーと話し込む様子が見られました。

賑わうスポンサーブースの様子
賑わうスポンサーブースの様子

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:イベントレポート

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5