Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

IPA、「基本情報技術者試験」の出題を見直し、COBOL廃止、Python追加、プログラミング能力・理数能力など重視

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/01/24 16:05

 IPA(情報処理推進機構)の国家資格・試験部は、国家試験「基本情報技術者試験」について、AI人材育成のニーズなどを踏まえた、出題の見直しを実施したことを1月24日に発表した。

 今回行われた出題の見直しでは、午後試験で出題するプログラミング言語の見直しとして、COBOLの教育機関などにおける指導言語としての利用の減少、同試験における受験者の選択率の極端な低下を理由に、2019年の秋期試験をもって出題を廃止する。

 一方、適用範囲の拡大と利用の増加、機械学習やディープラーニングに関わる主要なオープンソースソフトウェアでの採用の広がりなどにともない、2020年の春期試験の出題にPythonを加える。

 さらに、選択問題を構成する分野の統合によって、出題数および解答数を現行の13問出題7問解答から、11問出題5問解答へ変更するとともに、プログラミング能力を重視した配点へと変更する。

見直し前の出題数、解答数、配点
見直し前の出題数、解答数、配点
見直し後の出題数、解答数、配点
見直し後の出題数、解答数、配点

 そのほか、理数能力を重視して、線形代数、確率、統計など数学に関する出題比率を高める。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5