Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

オープン技術をベースにCloud Native開発を積極的にリードするオラクル【デブサミ2019】

【14-B-2】Cloud Native アプリケーションに最適!Oracle Cloud Infrastructureの魅力!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/03/08 11:00

 かつて「Oracle Database」を筆頭に、オンプレミスのパッケージソフトウェア製品を長らく主力製品に据えてきたオラクル。しかし現在の同社は、急速にクラウドサービスベンダーへと業態をシフトしつつある。既に同社のソフトウェア製品の多くはSaaSおよびPaaSとして提供されており、さらにはIaaS市場においても後発ながら「Oracle Cloud Infrastructure」というユニークなクラウドサービスで存在感を高めつつある。その魅力を、日本オラクルの丸川 祐考氏と茂 こと氏が解説した。

目次

Cloud Native開発で求められるインフラの要件とは?

 「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」の特徴について丸川氏は「スピード感や柔軟性、高可用性、従量課金といったクラウドのメリットと、パフォーマンスやセキュリティ、ガバナンスといったオンプレミスのメリットを併せ持つ『第二世代クラウド』として開発された。デーセンターが設置されている欧米では、着実にユーザーを増やしている」と述べ、その先進性をアピールする。

日本オラクル株式会社 IaaSソリューション部 丸川 祐考氏
日本オラクル株式会社 IaaSソリューション部 丸川 祐考氏

 また2019年中には、日本のユーザーが待ち望んでいた国内データセンターも開設する。2019年5月に東京リージョンが、同年12月には大阪リージョンが開設される予定となっており、日本のユーザーにとってOCIがますます身近な存在になるという。

 なおOCIは、近年開発者の間で注目を集めているコンテナ技術を使った、いわゆる「Cloud Native」アーキテクチャに対応している。その中心的役割を演じるのが、マネージドKubernetesサービス「Oracle Container Engine for Kubernetes(OKE)」と、マネージドなコンテナレジストリ「Oracle Cloud Infrastructure Registry(OCIR)」の2つのサービスだ。

 他のクラウドサービスでも同種のサービスは提供されているが、OCIはエンタープライズクラスの高いパフォーマンスと可用性が担保された環境でKubernetesのクラスタを運用できる点が大きな特徴。またOKEとOCIRは無料で利用でき、足回りのIaaSの利用料を従量課金で支払うだけで安価に利用できる。さらには、OCIが提供する多種多様な周辺サービス群をOKE/OCIRと連携させることで、さまざまなユースケースに対応したシステムアーキテクチャに対応可能だという。

 これら周辺サービス群の中でも、特に最近オラクルが力を入れているのが、自律型データベース「Oracle Autonomous Database」だ。パッチ適用やバックアップ、チューニング、オンライン・スケーリングなどの運用タスクを、データベースがすべて自動的に行ってくれるため、これまでデータベース運用に掛かっていた手間や時間を大幅に削減できるという。またセキュリティ対策やダウンからの復旧のタスクも、データベースが自律的に行ってくれる。

Oracle Autonomous Databaseが提供するサービス
Oracle Autonomous Databaseが提供するサービス

 このOracle Autonomous DatabaseとOKEを組み合わせることで、システム負荷に応じて柔軟にスケールするコンテナアプリケーションを容易に構築できるという。本セッションでは実際に、Oracle Autonomous DatabaseのOLTP向けサービス「Oracle Autonomous Transaction Processing」とOKEを組み合わせ、外部から負荷を与えながらアプリケーション層およびデータベース層について、アプリケーション処理を途切れさせることなくスケールさせる様子が披露された。

 「将来的には、完全自動スケールも実現できる予定だ。このように、OCIはCloud Nativeアーキテクチャに基づくアプリケーション開発には最適なプラットフォームだと自負しているので、東京リージョンが開設された際にはぜひ試してみていただきたい」(丸川氏)


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:【デブサミ2019】セッションレポート

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5