Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

iBATIS.NETにてO/Rマッピングを行う(DAO Framework編)

iBATIS.NETを用いて多層アプリケーションを構築する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

データベースを実装する際に「iBATIS.NET」を導入すると、プログラムからSQLを分離したり、パーシステンス層とサービス層を分離したりして、データベースの管理を簡単にすることができます。本稿では、このiBATIS.NETに含まれるの2つのフレームワークのひとつ「DAO Framework」について紹介します。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2005/07/15 18:45 サンプルソースの一部修正。ビジネス層という用語をサービス層に統一。

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 青木 淳夫 (株式会社ネクストスケープ)(アオキ アツオ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:iBATIS.NETにてO/Rマッピングを行う
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5