CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「ping」
~マンガでプログラミング用語解説

マンガで分かるプログラミング用語辞典(149)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/05/14 11:00

解説

 「ping」は、ネットワーク上の特定の相手に対して、通信が行えるかを確認するツールです。コマンドラインで実行でき、Windows、Mac、Linuxを問わずに入っています。pingのあとに、IPアドレスや、「www.microsoft.com」などのホスト名を指定することで、通信ができるか確かめられます。

 pingは、潜水艦の音響探信音(アクティブソナー)に似た挙動から、名づけられました。

 実際にpingを使うと、数回試行を行い、その応答時間を表示してくれます。この時間が異常に遅い場合は、何かネットワークの不調があるかもしれません。そもそも返信がなければ、相手先が存在しないか、こちらのネットワークが断線しているか、ファイアウォールでブロックされているか、理由は分かりませんが通信できていないことが分かります。

 pingは、ネットワークの状態を調べる基本的なツールです。また、オプションを指定することで、試行回数を増やしたり、タイムアウトの時間を変えたりすることもできます。

サンプル

 コマンドラインで以下のコマンドを実行してみてください。

ping codezine.jp
出力例
codezine.jp [114.31.94.143]に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
114.31.94.143 からの応答: バイト数 =32 時間 =10ms TTL=55
114.31.94.143 からの応答: バイト数 =32 時間 =10ms TTL=55
114.31.94.143 からの応答: バイト数 =32 時間 =17ms TTL=55
114.31.94.143 からの応答: バイト数 =32 時間 =15ms TTL=55

114.31.94.143 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 10ms、最大 = 17ms、平均 = 13ms
フィードバックお待ちしております!

 ご感想、解説して欲しい用語、解説内容のアドバイスなどございましたら、FacebookTwitterなどでお気軽に編集部までお寄せください。よろしくお願いいたします。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:マンガで分かるプログラミング用語辞典

もっと読む

著者プロフィール

  • 柳井 政和(ヤナイ マサカズ)

    クロノス・クラウン合同会社 代表社員 http://crocro.com/ オンラインソフトを多数公開。 プログラムを書いたり、ゲームを作ったり、記事を執筆したり、マンガを描いたり、小説を書いたりしています。 「めもりーくりーなー」でオンラインソフト大賞に入賞。最近は、小説家デビューして小説...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5