Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

大変な帳票開発は、クラウド帳票エンジン「Docurain」にまかせて楽しよう!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 みなさん、業務システムからの帳票出力に苦労された経験はありますか? 各種業務システム、B2Bサービスにおいて帳票出力(領収書、請求書など特定書式の出力)は必ずと言っていいほど必要とされる機能です。しかしながら、帳票の開発は標準ライブラリやOSS等を組み合わせて簡単に実装できる機能ではなく、特にこれといった統一的な手法も確立されていないため、各社がそれぞれの方法で実装しているのが実情と思われます。また、ITに携わるエンジニアとしては「紙文化はもうやめよう」といった思いをお持ちの方も多く、あまり帳票開発に対するモチベーションが高まらないのも事実ではないでしょうか。そうした背景があってか、帳票開発は長年大きな進歩やブレイクスルーが見られなかった分野でもあります。本記事では帳票開発を劇的に楽にする新しいWebサービス「Docurain」の魅力について解説します。

目次

帳票開発は面倒くさい!

 業務系システムにおける帳票出力は、令和になってもまだまだ必要とされる機能の一つです。この背景としては、日本の商慣習にて紙文化が根強く残っていることが挙げられるでしょう。それに加え、紙という媒体の「軽量」「折りたたみ可能」「容易に書き込みできる」「読みやすい(高解像度で印刷可能)」「低コスト」などの利点はまだタブレット端末やディスプレイでは代替し難いという背景もあります。従って紙文化が早期に無くなることは考えにくく、我々はまだまだ帳票出力機能の開発を行っていく必要があります。

 帳票出力機能を実装するためには、「帳票テンプレートのデザイン」と「テンプレートへのデータを適用して描画する処理」そして「その出力処理をシステムとして実現」する必要があります。ここでは、これらをまとめて「帳票開発」と呼ぶこととします。

 帳票開発は、グラフやバーコード、画像などを含んだグラフィカルな帳票を作ることがそもそも技術的には困難な部類であるということに起因して、その開発工数や保守コストが増大しがちです。

 ただでさえ、IT業界で働いている方々は「ペーパーレス化したい」という要求が強いはずです。それに、ほとんどのシステムでは帳票自体が主目的ではなく、付帯的な機能であることがほとんどです。

 そんな中で、システムの本質的な目的ではなく、手間だけかかる帳票開発はやりたくない、という認識を持つエンジニアは多いのではないでしょうか。私が今まで会った人に聞いても、経験者はみなさん口をそろえて「帳票はやりたくない」と言います(実際、その通りだと思います)。

 こうした背景が相まってか、帳票開発では大きなイノベーションが発生してきませんでした。それがさらに帳票開発を面倒で困難なものにするという負のスパイラルに陥っています。

帳票開発にまつわる負のスパイラル
帳票開発にまつわる負のスパイラル

 我々は紙文化が世界から完全に消える日が来るまで、ずっと暗い顔で帳票を作成していかなければならないのでしょうか? いや、そんなことでいいはずがありません。少しでも楽に開発できる方法を考えるべきです。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 由利 誠(ルート42株式会社)(ユリ マコト)

     ルート42株式会社にて帳票作成サービス「Docurain」を開発しているエンジニア。JVM言語(Java/Kotlin/Scala)やC#が得意ですが、インフラからフロント、時には写真撮影まで必要に応じて何でもやります。 Docurain開発ブログ...

バックナンバー

連載:開発生産性向上に寄与するツール大研究
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5