Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

2019年7月にAmazonで売れたコンピュータ・IT関連本は? 1位から50位までのランキングを発表!

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/08/09 07:00

 2019年7月の1ヵ月間に、Amazonで売れたコンピュータ・IT関連本のランキングを1位から50位まで紹介する。ソフトウェア開発の本では4位に『リーダブルコード』、5位に『ゼロから作るDeep Learning』が登場。前月から一気に順位を上げたのが『データ指向アプリケーションデザイン』だった。

目次

美しいコードを目指す『リーダブルコード』が4位に

 2019年7月1日から31日までの1ヵ月間にAmazonで売れたコンピュータ・IT関連本、1位から50位までを一挙に紹介(Amazon協力のもと、「コンピュータ・IT」ランキングから作成)。

アフターデジタル

 7月のランキングにおいて、ソフトウェア開発の本では『リーダブルコード』(オライリージャパン)が4位に。よりわかりやすくシンプルなコードを実現するためのテクニックが解説されている1冊で、コーディングだけでなくコメントの書き方も紹介されている。

ゼロから作るDeep Learning

 続く5位にベストセラーの『ゼロから作るDeep Learning』(オライリージャパン)がランクイン。外部のライブラリを使用せず、Pythonだけでディープラーニングを作ってみたい人のための入門書だ。著者も深く理解するには実際に作って動かすことが重要だと述べている。

データ指向アプリケーションデザイン

 また、前月301位から22位へと大きく順位を伸ばしたのが『データ指向アプリケーションデザイン』(オライリージャパン)。システム設計におけるデータ処理について、関連するテクノロジーやツールが解説されている。

 全体のランキングは次のページで一覧にて紹介している。コンピュータ・ITを中心に、教養や趣味を充実させられる本もランクインしている。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

     翔泳社マーケティング広報課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。 Twitter@tiktakbeam

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5