Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AIによるテスト自動化プラットフォームを提供するAutifyが総額250万ドルの資金調達、グローバルローンチへ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/10/03 11:45

 米Autifyは、シードラウンドとしてグローバル・ブレイン、米Salesforce Ventures、Archetype Ventures、その他個人投資家複数名を引受先とする、総額250万米ドル(約2.6億円)の資金調達を実施したことを、10月2日に発表した。

 同社は、アメリカのトップアクセラレーターの1つであるAlchemist Acceleratorを、2月に日本人チームとしてははじめて卒業したスタートアップで、AIを用いたソフトウェアのテスト自動化プラットフォーム「Autify(オーティファイ)」のクローズドベータ版を3月に公開以来、一切のマーケティング活動なしで150社以上の企業からデモリクエストを受けている。

 すでに「Autify」はスタートアップや上場企業など数10社で導入されており、さらなる機能改善の結果、10月にグローバルローンチに至った。同社は、「Autify」のグローバルローンチを機に、日本だけでなく海外の企業へのサービス提供も本格的に開始していく。

 今回の資金調達によって、同社の資金調達額は累計307万米ドル(約3.2億円)に達し、調達した資金はプロダクト開発体制・販売体制の強化、グローバル市場の開拓に活用される。

 「Autify」は誰でも簡単に、プログラムコードを書くことなく、Webアプリケーションの検証作業を自動化できるので、非エンジニアでもテストの自動化が可能になっている。AIがコードの変更を監視し、自動で検証シナリオを修正するため、メンテナンスコストを大きく引き下げられる。

「Autify」の画面イメージ
「Autify」の画面イメージ

 なお、価格は使用量や機能に応じて、月額、年額制で提供する。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5