CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google Cloud FunctionsでJava 11が利用可能に

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/05/28 13:45

 米Googleは、Google Cloud FunctionsにおけるJava 11のベータ提供を、5月27日(現地時間)に開始した。

 今回の、Google Cloud FunctionsのJava 11への対応によって、開発者はJavaを使用してビジネスクリティカルなアプリケーションと統合レイヤを構築し、プライベートVPCネットワーク内のリソースへのアクセスが可能な、フルマネージド環境に関数をデプロイできるようになる。

 関数は、負荷に応じて自動でスケーリングされ、HTTP関数の記述によってHTTPイベントに応答し、バックグラウンド関数でPub/Sub、クラウドストレージ、Firestoreといった、さまざまなクラウドおよびGCPサービスからソースされたイベントの処理が可能になっている。

 そのほか、サードパーティのフレームワークである、MicronautとSpring Cloud Functionの開発チームとの協力によって、これらのフレームワークのプログラミングモデルを使用して、Google Cloud FunctionsのHTTP関数とバックグラウンド関数を作れるようになった。また、Java 11の最新の言語仕様によって、KotlinやGroovy、Scalaなど、任意のJVM言語がGoogle Cloud Functionsで使用できる。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5