CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWS CDKでTerraformによるプロビジョニングが可能な「CDK for Terraform」が発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/07/22 14:50

 米HashiCorpは、Infrastructure as Code(IaC)ソリューション「Terraform」の、クラウド開発キット(CDK)のコミュニティプレビューを、7月16日(現地時間)に発表した。

 CDK for Terraformは、TypeScriptとPythonを使用したインフラストラクチャの定義に対応しており、AWS CDKによってCloudFormationの設定を生成し、CDK for TerraformがHCL(HashiCorp Configuration Language)を生成することで、Terraformによるプロビジョニングを可能にしている。

 Terraformでは、これまでHCLとJSONをサポートしており、2020年初旬に発表されたKubernetesカスタムリソース定義(CRD)の試験的なサポートによって、KubernetesネイティブワークフローでTerraformリソースを構成できるようになった。

 CDK for Terraformは、現時点ではアルファ版であり、今後はJavaScript、Java、C#といった新たな言語サポートの追加や、AWS CDKと同様のユーザーエクスペリエンスを提供するコマンドのサポートを予定している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5