CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Webアプリケーションフレームワーク「Django 3.1」公開、非同期処理のサポートが拡大

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/08/20 16:00

 Pythonを用いたオープンソースのWebアプリケーションフレームワーク「Django 3.1」が8月4日(現地時間)に公開された。

 「Django 3.1」では、非同期ビュー、非同期ミドルウェア、非同期テストとテストクライアントを含む、非同期リクエストパスをフルサポートしている。

 WSGIモード/ASGIモードのどちらで実行しているかに関わらず、すべての非同期機能をサポートするが、WSGIモードで非同期コードを使用するとパフォーマンスが低下するほか、現段階ではORM、キャッシュレイヤー、ネットワークコールを長時間実行するその他のコードは、非同期アクセスをサポートしていない。

 また、データベースのバックエンドで利用可能なmodels.JSONField、forms.JSONFieldが追加された。どちらのフィールドもJSONのカスタムエンコードおよびデコードに対応しており、モデルフィールドはかつてPostgreSQLのみがサポートしていたイントロスペクション、ルックアップ、トランスフォームに対応している。

 そのほか、トークン、クッキー、セッション、署名がSHA-256を用いるようになり、将来登場予定の「Django 4.0」では、SHA-1を用いたトークン、クッキー、セッション、署名のサポートが削除される。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5