SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

AWS Single Sign-Onが東京リージョンで利用可能に、Salesforceなどとの統合機能も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アマゾンウェブサービスジャパンは、「AWS Single Sign-On(SSO)」が東京リージョンで利用できるようになったことを、9月3日に発表した。

 「AWS SSO」は、複数のAWSアカウントとビジネスアプリケーションへのアクセスの一元的な管理を実現し、1か所からのシングルサインオンアクセスをユーザーに提供し、AWS Organizationsにあるすべてのアカウントに対するアクセスとユーザーアクセス許可を簡単に一元管理できる。

 AWS Organizationsとの連携によって、個々のAWSアカウントにおける追加セットアップを行うことなく、アカウントに必要なアクセス許可のすべてが自動的に設定および維持される。また、Security Assertion Markup Language(SAML) 2.0をサポートしており、Salesforce、Box、Office 365といった、さまざまなビジネスアプリケーションとの統合機能も組み込まれている。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/12843 2020/09/09 13:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング