SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

【デブサミ2020関西】セッションレポート(PR)

クラウド型Wi-Fi「Juniper Mist」の全貌――AIとAPIがITインフラにもたらす変化【デブサミ2020関西】

【C-2】AIとAPIがITインフラにもたらす変化 ~プログラマブルなクラウド型Wi-Fi~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AI搭載クラウド管理型Wi-Fi「Juniper Mist」は、既存のITインフラが抱えていた数多くの課題を解決するシステムだ。「クラウドとAIによりWiFi環境全体、各クライアントの状況を把握・最適化できる」「クラウド型マイクロサービスアーキテクチャを導入」「オープンAPIで100%プログラム可能」など、数多くの利点を持つ。「Juniper Mist」のAIやAPIを活用することで、ネットワークインフラの可能性はどのように広がるのか。ネットワンパートナーズ株式会社の醍醐朝和氏とジュニパーネットワークス株式会社の林宏修氏が、ITインフラ・ネットワークインフラの変遷とトレンドをふまえ、「Juniper Mist」が実現する未来について解説した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ITインフラ・ネットワークインフラの変遷とトレンド

 まず登壇したのはネットワンパートナーズ株式会社の醍醐朝和氏だ。セッション序盤ではITインフラの歴史と変遷について解説していく。

 かつてITインフラの領域では、メインフレームがコンピューターの主役である「集中」の時代があった。だが1980年代以降は、ミニコンやPCサーバーがメインフレームに取って代わる「分散」の時代へと変遷していった。 その後、2000年代は仮想化(仮想マシン)の技術が流行する。そして現代ではコンテナ技術がよく活用されるようになったことは、多くの人々が知るところだ。

 では、ネットワークインフラはどのように変遷してきたか。1990年代はTCP/IPやEthernetといった、いわゆる「従来のネットワーク技術」が主流の時代だった。何らかの通信をしたい場合には物理的なネットワークを構築し、すべての機器を人間が手動で設定する必要があったのだ。環境構築や運用の負荷を軽減するため、2010年代にはSDNが用いられるようになった。さらに2010年代の中盤からは、ネットワーク機能をサーバー上に仮想化するNFVが登場した。

 「では、現代においてITインフラやネットワークインフラの技術を最大限に活用できているのはどのような企業か。みなさんご存じのGAFAがその一例として挙げられます」(醍醐氏)

ネットワンパートナーズ株式会社 ビジネス開発部 エキスパート 醍醐朝和氏
ネットワンパートナーズ株式会社 ビジネス開発部 エキスパート 醍醐朝和氏

 例えば、Googleはインフラの稼働率「Five 9(99.999%)」を目標としている。これは、月間あたりわずか24秒のダウンタイムだというから驚異的だ。そして同社は「Reliability(信頼性)」「Efficiency(効率)」「Scale(規模)」という相反する3つの要素の同時達成を目指してインフラ改善を続けている。また、Facebookはネットワーク機器のハードウェアとソフトウェアを完全に分離したインフラアーキテクチャを用いることで、機器コストの低減と運用・管理の簡易化を実現しているという。

 こうしたHyper Scale Playerが持つインフラの構築・運用手法に、各通信事業者の注目が集まっている。数ある構築・運用手法のなかでも特に重要なのがAIOpsである。これは、各種の運用・監視やツールの閾値(いきち)設定などにAIを導入し、業務改善を行うという概念だ。

 「しかし多くの企業にとって、AIを活用して運用を改善するのはハードルの高い作業です。そこで本セッションでご紹介したいのが、AI搭載クラウド管理型Wi-Fi『Juniper Mist』。製品の詳細については、ジュニパーネットワークス株式会社の林宏修氏より解説していただきます」(醍醐氏)

「Juniper Mist」の製品概要
「Juniper Mist」の製品概要

次のページ
AI搭載クラウド管理型Wi-Fi「Juniper Mist」の特徴と利点

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【デブサミ2020関西】セッションレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/12859 2020/10/08 12:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング