CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Oracle、Javaによる機械学習ライブラリ「Tribuo」をオープンソースで公開

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/09/18 08:00

 米Oracleは、Javaによる機械学習ライブラリ「Tribuo」を、9月15日(現地時間)にオープンソースで公開した。

 「Tribuo」は、Oracle Labsの機械学習研究グループが、数年かけて構築してきた機械学習ライブラリで、Tribuoはラテン語の「割り当て」「配分」を意味している。

 分類、クラスタリング、異常検出、回帰アルゴリズムなど、機械学習ライブラリに期待される標準的な機能を提供し、データ読み込みパイプライン、テキスト処理パイプライン、およびデータ読み込み時の機能レベル変換といった機能を備える。

 「Tribuo」の、他の機械学習システムとは異なる大きな特徴は、すべての入力に範囲とタイプが記述可能なことであり、出力にも強力な型付けが行われているので、それが何を意味するものであるのかがわかりやすくなっている。

 さらに、どのようなトレーニングや処理が行われ、最終的にどのような評価となったのかといった来歴情報が、すべてモデルに記録されるので、モデルや評価を再現するためのトレーニングパイプラインを、正確に再構築できる。なお、すべてのPRNGシードも記録されるため、モデルトレーニングの実行を完全に再現することが可能になっている。

 そのほか「Tribuo」では、ONNXランタイム、TensorFlow、XGBoostへのインターフェースを提供しており、onnx形式で保存されたモデルまたはTensorFlowやXGBoostでトレーニングされたモデルを、「Tribuo」のネイティブモデルとともにデプロイできる。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5