CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Azure SDK for C++」最初のベータ版がリリース

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/10/15 08:00

 米MicrosoftのAzure SDKチームは、「Azure SDK for C++」の、最初のベータ版を10月13日(現地時間)にリリースした。

 「Azure SDK for C++」は、C++に特化したSDKであり、複数のAzureサービスと通信する際の動作とAPIサーフェスの一貫性を保証する。

 一般的なC++ライブラリと同様に、バイナリ形式ではなくソース形式で提供され、CMakeを用いる環境において、簡単に使用できる。すべてのC++ 14コンパイラを対象にしており、gcc、clang、XCode、Visual C++コンパイラを使用して、x86、x64、ARM32、ARM64の各CPUアーキテクチャにてテストされている。

 Linux、Windows、macOSを公式にサポートし、比較的限られた基本語彙のみを使用しているので、理解およびデバッグしやすい。また、libcurl上に構築された同期ネットワークアクセスを使用するため、非同期プログラミングの経験がなくても、Azureサービスを使用できる。

 今回、リリースされた最初のベータ版では、Azure Blob Storage、ファイル共有、データレイクをサポートしており、Azure KeyVault Keysも近日中にサポートされる予定となっている。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5