CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWS LambdaがNode.js 14をサポート、Node.js 14の新機能が利用可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/02/05 08:00

 米Amazon Web Servicesは、AWS Lambdaが「Node.js 14」による関数の作成に対応し、Top-Level awaitや拡張診断、ストリームAPIの変更、JavaScriptエンジンによるパフォーマンスの向上といった新機能を利用可能になったことを、2月3日(現地時間)に発表した。「Node.js 14」で記述されたLambda関数は、Amazon Linux 2で実行される。

 「Node.js 14」によるLambda関数をデプロイするには、Lambdaコンソールからコードをアップロードして、「Node.js 14.x」ランタイムを選択する必要がある。また、AWS CLI、AWSサーバレスアプリケーションモデル(AWS SAM)、AWS CloudFormationを使用して、「Node.js 14」で作成されたサーバレスアプリケーションをデプロイ、および管理することもできる。

 そのほか、AWSが提供する「Node.js 14」のベースイメージを使用して、「Node.js 14」の関数をコンテナイメージとしてデプロイできる。

 従来バージョンのNode.jsを実行している、既存のLambda関数を移行するには、「Node.js 14」互換にコードを更新した後に、関数ランタイムを「Node.js 14.x」へ変更する必要がある。

 なお「Node.js 14.x」ランタイムは、Lambdaを利用できるすべてのリージョンで使える。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5