CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

エンジニアがKubernetesを使いこなすには? インフラ専門の技術者集団grasysに聞く「攻めのインフラ」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/01 12:00

 クラウドでのコンテナ活用が進む中、そのコンテナオーケストレーションツールとして、大企業を中心にKubernetesの採用が拡大している。しかし、その名称は浸透しているものの、使いこなせる技術者はまだまだ少ない。Kubernetesはどんなアプリケーション、サービスのインフラ構築に向いているのか。活用するメリットや、運用構築の際に気をつけるべきポイント、活用の勘所などについて、先進的なKubernetes運用の知見を持つgrasysのCloud Infrastructure Division Ops Group Leader 泉水朝匡氏に話を聞いた。

目次
grasys Cloud Infrastructure Division Ops Group Leader 泉水朝匡氏
grasys Cloud Infrastructure Division Ops Group Leader 泉水朝匡氏

広まりを見せるも、使いこなせる技術者が少ないKubernetes

 多くの企業でクラウドでのコンテナ活用が進む中、採用が進んでいるのが、コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」である。Kubernetesは、クラウドネイティブの特長をいかすシステムアーキテクチャ構築のための、マイクロサービスを実現するには欠かせない技術ともいえる。

 これからの注目技術であり、大企業を中心に採用の検討が進んでいるKubernetesだが、知見のある技術者が少ないため、その特長をいかした本格的な活用に至っている企業はまだ少ない。

 2014年11月に設立され、「攻めのインフラ」というメッセージを掲げるインフラ専門の技術者集団grasysは、そうした中でもKubernetesの先進事例を数多く手がけている企業の1つだ。クラウドを主体としたシステムの設計から、構築、安定した運用まで、クライアントにとっての最適なインフラを提供している。同社の特徴は、Kubernetesをはじめ、Google Cloudが提供するマネージドアプリケーションプラットフォーム「Anthos」、Kubernetes上で動くゲームサーバを制御するライブラリ「Agones」などの新しい技術にいち早く着手し、実証検証を行うなど、最新の技術を取り入れる「攻める心」を持ち続けていることだ。

 grasysはGoogle Cloud プレミア Service パートナーの認定を受けていることからもわかるとおり、Google Cloudを活用したインフラ構築を得意とするが、近年はAWS(Amazon Web Services)やMicrosoft Azureなどのクラウドを使った案件も増えている。そういったパブリッククラウドを用いたインフラの設計、構築、運用までを担当するCloud Infrastructure Division Ops Teamのリーダーを務めているのが泉水氏だ。

 泉水氏は同社に入社するまで「インフラはあまり触れてこなかった」という。未経験からSES(システムエンジニアリングサービス)企業に転職し、SIerにてオープン系の開発に従事。その後、新しい技術を習得すべく参加した地元コミュニティでGoogle Cloudに関心を持ち、Google Cloudを使った開発をしているIT企業に入り、約3年間アドテク系サービスのバックエンドシステムの開発に従事した。同システムのGoogle Cloudのインフラを運用していたのがgrasysで、「そういう縁もあり、会社を退職したときに当社代表の長谷川から声をかけられ、grasysに入社しました」と泉水氏は経緯を語る。

Kubernetesを活用するメリットとは

 Webサービスやアプリケーションの投入時期によって、企業の競争力が変わるなど、現在のビジネスはITなしには語ることはできない。そんな時代にフィットする開発技術として注目されているのがコンテナ技術であり、コンテナ化されたアプリケーションの開発・運用を自動化するプラットフォーム、Kubernetesである。改めて、そのメリットはどこにあるのだろうか。

 「現在、新しいアプリケーションやサービスを開発する場合、環境をDockerで構築することがスタンダードになってきています。Dockerであれば、アプリケーションのテスト環境と本番環境を統一できるメリットが得られるからです。その際に、コンテナの状態を気にすることなくオートスケールを行うなど、Dockerのうまい管理に欠かせないのが、Kubernetesです(※Kubernetes 1.20からDockerランタイムは非推奨になります)」(泉水氏)

 DockerやKubernetesを活用するメリットは、コンテナ化されたアプリケーションを好きなときに実行できるようになるなど、プログラムの更新やデプロイも容易になることだ。Dockerイメージさえあれば、Google CloudからAWSへ移行したり、オンプレミスに戻したりするポータブル性が高まることもメリットといえる。「これは前職での経験ですが、オフショア開発をしている場合は、手順書を丁寧に準備するよりもDockerイメージを作成して英語で手順を少しだけ記載するほうが簡単に済みますし、環境の差分がなくなります。これもコンテナを活用するメリットの1つだと思います」(泉水氏)


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • 中村 仁美(ナカムラ ヒトミ)

     大阪府出身。教育大学卒。大学時代は臨床心理学を専攻。大手化学メーカー、日経BP社、ITに特化したコンテンツサービス&プロモーション会社を経て、2002年、フリーランス編集&ライターとして独立。現在はIT、キャリアというテーマを中心に活動中。IT記者会所属。趣味は読書、ドライブ、城探訪(日本の城)。...

  • 篠部 雅貴(シノベ マサタカ)

     フリーカメラマン 1975年生まれ。  学生時代、大学を休学しオーストラリアをバイクで放浪。旅の途中で撮影の面白さに惹かれ写真の道へ。  卒業後、都内の商業スタジオにカメラマンとして14年間勤務。2014年に独立し、シノベ写真事務所を設立。雑誌・広告・WEBなど、ポートレートをメインに、料理や...

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5