CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Deno 1.8」リリース、WebGPU APIの試験的サポートやICUサポートの追加など変更点多数

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/04 08:00

 JavaScriptエンジンであるV8、およびRustによるJavaScript/TypeScriptランタイム環境Denoの開発チームは、最新版となる「Deno 1.8」を3月3日(現地時間)にリリースした。

 「Deno 1.8」では、JavaScriptからGPUハードウェアをプログラムするための低レベルで高性能なクロスアーキテクチャであるWebGPU APIを試験的にサポートしている。WebGPU APIを使用することで、Deno内からGPUレンダリングと汎用GPUコンピューティングに直接アクセス可能となり、最終的にはGPUアクセラレーションを使用して、DenoでTensorflow.jsを実行することを目指す。

 また、Denoリポジトリにおいて2番目に要望が多い、ICUサポートが完全に追加されたほか、カバレッジ処理のカバレッジ収集とカバレッジレポートへの分割、インポートマップの安定化、モジュールを初めてフェッチするときに使用されるドメインごとの認証トークンを指定できる機能の追加、テストされたコードがDeno.exit()を呼び出さないことを保証する新たなサニタイザのDeno.test APIへの追加、Deno.permissionsにおけるAPIの安定化など、数多くの機能追加・改善が行われた。

 なお、「Deno 1.8」にはTypeScriptの最新安定バージョンである「TypeScript 4.2」が付属している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5