CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

グレープシティ、業務アプリ開発ツール「ComponentOne 2021J v1」をリリース .NET 5とBlazorの対応を強化

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/28 15:00

 グレープシティは、.NET/Xamarin/Blazor用コンポーネントを収録した業務アプリケーション開発のためのスイート製品「ComponentOne」の新バージョン「2021J v1」を4月28日にリリースした。

 ComponentOneは、Windows Forms、WPF、UWP、Xamarin、ASP.NET、ASP.NET Core、Blazorの7つの.NETプラットフォームに対応したUIコントロールセット。データグリッド、チャート、入力、ナビゲーション、レポートなど業務アプリケーションに必要な機能を満たす300種類以上のコントロールを収録し、業務システムの開発生産性向上を実現する。

 2021年初回のバージョンアップとなる「2021J v1」では、マイクロソフトのアプリケーションフレームワーク「.NET 5」および「Blazor」の対応を強化した。

 Windows Forms用エディションに含まれる、データの集計や分析に便利な「FlexPivot」、階層的なデータ表示を可能にする「TreeView」や、WPF用エディションのカレンダーを表示する「Calendar」、パネルの折りたたみや展開ができる「Accordion」など、業務システムに必要とされることの多いコントロールが.NET 5をサポートする。

 また、BlazorによるWebアプリケーション開発を支援するコンポーネントを更に追加し、メインのウィンドウとは別にポップアップを表示させて、補足や追加の情報を知らせることのできる「Window」コントロール、日付範囲選択やツールチップ、マスクテキストボックスなどのコントロールの拡充を行っている。

 ComponentOneは1年定額制のサブスクリプション方式で販売しており、最上位エディション「ComponentOne Enterprise」の初期費用は1ユーザーライセンスが165,000円(税込)、更新費用(リニューアル)は82,500円(税込)。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5