CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Amazon ECS on AWS Fargate、最大200GiBのエフェメラルストレージをサポート

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/05/31 13:00

 AWSは、「Amazon ECS on AWS Fargate」で最大200GiBのエフェメラルストレージをサポートしたことを5月21日に発表した。

 AWS FargateはECSとEKSで動作する、コンテナ向けサーバーレスコンピューティングエンジン。AWS Fargateを使用することで、サーバーのプロビジョンと管理が不要となり、アプリケーションごとにリソースを指定してその分のみ料金を支払うことができるようになり、さらに設計段階からのアプリケーション分離によりセキュリティを強化する。

 従来、ユーザーはコンテナを実行する際にコンピュートオプションとしてEC2を選択する必要があった。しかしコンテナの導入が拡大するにつれ、機械学習の推論の実行や、20GiBを超えるDockerイメージの使用、コンテナ内の大規模なデータセットを使用したデータ処理といった大きなストレージへのニーズが増えた。

 今回発表された新機能により、AWS Fargateはタスクが完了するまでの間、最大200GiBまで指定したサイズのストレージを自動的にプロビジョニングし管理できるようになった。

 

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5