CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

JavaScript/TypeScript実行環境「Deno 1.11」がリリース、公式Dockerイメージの追加など

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/10 08:00

 V8 JavaScriptエンジンを使用するJavaScript/TypeScript実行環境Denoの開発チームは、最新バージョンとなる「Deno 1.11」を、6月8日(現地時間)にリリースした。

 「Deno 1.11」では、Dockerhubで利用可能な公式Dockerイメージが用意されたほか、DenoにおけるWeb Crypto APIサポートとして、crypto.randomUUID関数への対応が追加されている。

 さらに、fetch APIを使用したフェッチを中止できるようAbortSignalがサポートされ、サーバへのヘッダの送信、サーバへの本文の送信、ヘッダの受信、応答本文の受信時に、リクエストの中止が可能となった。

 ほかにも、組み込みのリンタであるdeno lintサブコマンドが安定版となり、自己完結型バイナリを生成するdeno compileにおいて、ディスクまたはリモートからソースファイルを読み込んで実行できるデータURIを使用した、動的インポートに対応している。また、ストリームをバイトから文字列へデコード可能なTextEncoderStream、文字列からバイトへデコードできるTextDecoderStreamが追加され、BroadcastChannelにおけるプロトタイピングのサポート、deno lspにおけるさまざまなアップデート、安定版APIのアップデートが行われた。

 なお、「Deno 1.11」にはTypeScriptの最新安定バージョンである「TypeScript 4.3」が付属しており、Deno APIとWebブラウザのAPIとの互換性を改善する取り組みも引き続き行われている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5