CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Visual Studio Code用Python拡張機能2021年6月版がリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/22 08:00

 米Microsoftは、コードエディタVisual Studio Code用のPython拡張機能2021年6月版を、6月17日(現地時間)にリリースした。

 Visual Studio Codeの最新バージョンでは、プロジェクトフォルダを信頼するかどうかを決定できるWorkspace Trust機能が導入されており、フォルダまたはワークスペースを信頼しない場合でも、制限付きでファイルの参照が可能になっている。

 信頼できるワークスペース内では、Python機能拡張はマシン内のPython環境を自動的に検索するので、プロジェクト用にPython環境を選べるほか、オートコンプリート、コードナビゲーション、リンティング、フォーマット、テストといったすべての機能が使える。

 一方、信頼できないフォルダでは、制限付きモードでファイルの参照が可能ながら、Workspace Trustの悪意のある可能性のあるコードの自動実行を防ぐ機能によって、Python拡張機能が読み込まれないため注意が必要となる。

 また、2021年6月版のPython機能拡張では、「PyTorch Profiling Plugin 0.2.0」によってプロファイラスタックトレースからソースコード(ファイルや行)へ直接ジャンプする機能が追加されており、PyTorch Profilerからスタックトレースをクリックすることで、Visual Studio Codeで対応するファイルが自動で並べられて開き、目的のコード行が強調表示/フォーカスされるようになった。

 さらに、Pylanceが辞書型キーの補完をサポートするようになり、dict()またはリテラル構文{}を使用して作られた辞書に提供される。

 そのほか、Jupyter拡張機能がオプションの依存関係になり、Jupyter拡張機能をアンインストールまたは無効にした場合でも、Python拡張機能を引き続き使えるようになるとともに、メッセージがエディタに伝えられないバグの修正、WindowsでTensorBoardのペインが空白になるバグの修正、python.pythonPathの非推奨化およびpython.defaultInterpreterPathをワークスペースレベルに追加するための制御されたロールアウトの有効化など、ユーザーからの要望を受けたいくつかの機能拡張や修正が行われている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5