CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google Compute Engine、新たな仮想マシン「Tau VM」が利用可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/22 09:00

 米Googleは、仮想マシンサービス「Google Compute Engine」において、新たな仮想マシン「Tau VM」の提供を6月17日(現地時間)に開始した。

 Tau VMは、スケールアウトワークロードにおける費用効果の高いパフォーマンスを実現すべく最適化されている。

 Tau VMファミリーの最初のインスタンスタイプであるT2Dは、第3世代AMD EPYCプロセッサに基づいており、現在利用できる主要なパブリッククラウドプロバイダのスケールアウトワークロードに対して、卓越したパフォーマンスとワークロードのTCOを実現する。

 Tau VMは、VMごとに最大60vCPU、vCPUごとに4GBのメモリを備えた、複数の事前定義されたVM形状で提供され、最大32Gbpsのネットワーク帯域幅と幅広いネットワーク接続ストレージオプションを提供する。そのため、Tau VMはWebサーバ、コンテナ化されたマイクロサービス、データロギング処理、メディアトランスコーディング、大規模なJavaアプリケーションなどのスケールアウトワークロードに適している。

 Google Kubernetes Engine(GKE)でもTau VMがサポートされており、コンテナ化されたワークロードのコストパフォーマンス最適化に寄与する。GKEノードプールにてT2Dマシンタイプを指定することで、Tau VMがGKEクラスタに追加される。

 128GBのメモリを搭載した32vCPUの価格は、us-central1でのオンデマンド使用では1時間あたり1.3520米ドルとなる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5