CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

signalについて(前篇)

シグナルの概要と一般的な処理方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/10/04 14:00

シグナルはUNIXなどのOSにおける非同期イベントを通知する仕組みです。古くからある仕組みですが、その奥は深くさまざまな機能を持っています。本稿ではシグナルの概要と一般的な処理方法を解説します。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2011/01/21 00:40 SIGFPE -> SIGSEGV に修正しました。

  • 2007/10/11 22:27 P2 "サスペンド状態でブロックしている時" -> "入力待ち状態の時" "libc-2以前" -> "libc-2になる前"

バックナンバー

連載:signalについて

著者プロフィール

  • 赤松 エイト(エイト)

    (株)DTSに勤てます。 WebアプリやJavaやLL等の上位アプリ環境を密かに憧れつつも、ず~っとLinuxとかHP-UXばかり、ここ数年はカーネル以上アプリ未満のあたりを行ったり来たりしています。 mixiもやってまして、こちらは子育てとか日々の日記メインです。

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5