CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWS、セキュリティグループにおいてセキュリティグループルールIDが利用可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/07/12 08:00

 米Amazon Web Servicesは、VPCセキュリティグループルールIDの提供を、7月7日(現地時間)に開始した。

 セキュリティグループは、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)インスタンスや、Amazon Relational Database Service(RDS)データベースといったクラウドリソースの仮想ファイアウォールとして機能し、入力および出力ネットワークトラフィックの制御を可能にしており、セキュリティグループのルール、プロトコル、送信元または宛先のIPアドレスとポート番号の組み合わせなどで構成されている。

 AWS CLIまたはAPIを使用してセキュリティグループルールを変更する場合は、ルールを識別するためにすべての要素を指定する必要があったが、セキュリティグループルールの一意の識別子であるセキュリティグループルールIDを使用すれば、コマンドを簡素化できる。また、セキュリティグループルールへのタグ付けが可能になるため、複数のセキュリティグループにわたってセキュリティグループルールのセットをすばやく一覧表示または識別できるようになる。

 セキュリティグループルールIDは、ルールをセキュリティグループに追加するとセキュリティグループルールに自動的に追加され、AWSリージョンで一意となる。また、既存のセキュリティグループルールに対して、IDを用いて後からタグを追加することも可能となっている。

 なお、セキュリティグループルールIDは、すべての商用AWSリージョンにおいて、VPCセキュリティグループルールに無料で利用できる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5