CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

クラウドエースとデータブリックスが協業開始、Google Cloud上でのAI・機械学習の活用を促進

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/04 10:00

 クラウドエースは、米Databricks社の日本法人であるデータブリックス・ジャパン(以下、データブリックス)とパートナーシップ契約を締結し、Google Cloud上でのAI・機械学習の活用を促進していくことを8月2日に発表した。

 クラウドエースは、データブリックスとパートナシップを締結し、データエンジニアリング、データサイエンス、データアナリシスの分野において、イノベーションを加速する統合分析基盤であるレイクハウス・プラットフォームを提供することで、共同でお客さまのデータ分析の支援を推進する。

 本協業について、データブリックスの社長 竹内賢佑氏は、「今日、多くの企業や組織において、クラウド環境への移行が進む一方で、単一クラウドプラットフォームへの依存が一つの懸念となっております。この度、豊富なGoogle Cloudのインテグレーション実績を持たれているクラウドエース社とのパートナーシップにより、Google Cloud上に構築された弊社のレイクハウス・プラットフォームを快適にご利用頂けることが可能となるため、当社のマルチクラウド戦略が更に一歩進むことを確信しております」と述べた。

 また、クラウドエースの代表取締役社長 青木誠氏は、「弊社が培ってきたGoogle Cloud上のデータ分析・AI のノウハウや実績を、今回のデータブリックス様との協業でより一層強固なものにすることができました。今後も、統合データ分析プラットフォームを中心としたお客様のデータ・AI 活用のご支援に、取り組んで参ります」とコメントした。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5