CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

動かして学ぶ! Rustの言語仕様

Rust言語で作るWebバイナリファイル「WebAssembly」入門 第2回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載では、Webブラウザー上でJavaScriptとともに動作できるバイナリ形式のプログラムファイル「WebAssembly」を、Rustプログラミング言語で実装する方法について、順を追って説明していきます。前回はWebAssemblyの概要を説明するとともに、Rustを利用した単純なWebAssemblyのサンプルを作成しました。今回はWebAssemblyの実装で必要となるRust言語の基礎を説明します。

目次

はじめに

 本連載では、Webフロントエンド開発において注目されているバイナリ形式のプログラムファイルWebAssemblyを、Rustで実装して活用する方法を説明しています。前回記事では、WebAssemblyに至るまでのWebフロントエンド高速化の歴史を紹介するとともに、RustでWebAssemblyを実装する大まかな流れを説明しました。

 本記事では、WebAssemblyの実装で必要となるRust言語の基礎を説明していきます。

対象読者

  • 話題のRust言語について学びたい方
  • 動的なWebページにさらなる速度を求める方
  • WebAssemblyに興味があるが、Rustのハードルが高いと思っている方

必要な環境

 本記事のサンプルコードは、以下の環境で動作を確認しています。

  • Windows 10 64bit版
  • rustup 1.24.3
  • cargo 1.55.0

 サンプルコードを実行するには、サンプルのフォルダーで「cargo run」コマンドを実行します。

Rustプロジェクトの生成・実行手順

 本記事では、WebAssemblyではなく、ローカルPCで実行できるプログラムを生成するRustのプロジェクトを用いて、Rust言語を説明していきます。最初に、このプロジェクトを作成して実行する手順を説明します。Rustの開発環境をインストールしていない場合、前回記事を参考にインストールしてください。

 開発環境の一部としてインストールされる「cargo」コマンドは、Rustのプロジェクト作成やビルド、コードチェックなどを行える、Rust開発の必須ツールです。リスト1の「cargo init」コマンドを実行すると、Rustのプロジェクトを作成できます。

[リスト1]Rustプロジェクトを生成するコマンド
cargo init <プロジェクト名>

 生成されたプロジェクトは、図1のディレクトリ構造を持っています。処理を実装するソースコードはsrc/main.rsファイルです。

図1 Rustプロジェクトの構造(p001-init)

図1 Rustプロジェクトの構造(p001-init)

 main.rsにはリスト2の内容が記述されています。(1)の「fn main()」はいわゆるmain関数で、ここから処理がスタートします。(2)のprintln!文で文字列をコンソールに出力します。行末にはセミコロン(;)を記述します。

[リスト2]生成されたRustのソースコード(p001-init/src/main.rs)
fn main() { // main関数(1)
    println!("Hello, world!"); // 「Hello, world!」とコンソールに出力 ...(2)
}

 プロジェクトを実行するには、プロジェクトのフォルダーで「cargo run」コマンドを実行します。すると、ソースコードが自動的にビルドされて、その後実行されます。

図2 「cargo run」コマンドでRustプロジェクトを実行した様子(p001-init)

図2 「cargo run」コマンドでRustプロジェクトを実行した様子(p001-init)

 なお、ビルドを行う「cargo build」、コードチェックを行う「cargo check」など、run以外のcargoコマンドについては、公式ドキュメントも参考にしてください。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Rust言語で作るWebバイナリファイル「WebAssembly」入門

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト  吉川 英一(ヨシカワ エイイチ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5