CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

チームを形作る2つの要素とは? サイボウズの若手エンジニアがチームワークの形を模索した果てに気づいたこと【デブスト2021】

【A-7】新チームに飛び込んだ若手エンジニアが、チームの形を考え続けた2年間の軌跡

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/02/04 12:00

 女神が雲に乗り「乗り心地は?」「どクラウドです!」、そんなテレビCMで見たことがある人もいるだろう。サイボウズが提供するクラウドサービス「kintone」のCMだ。このkintoneの開発チームに加わった若手エンジニア、永田 新太郎氏が2年かけてチームの形を模索した軌跡を振り返る。サイボウズは起業当初からチームで働くためのサービスを提供していることから、チームで働くこと、協力することを重視している。今回の学びは永田氏だけではなく、多くの人にとって大きな学びとなりそうだ。

目次
サイボウズ株式会社 開発本部 kintone 開発チーム 永田 新太郎氏
サイボウズ株式会社 開発本部 kintone 開発チーム 永田 新太郎氏

kintoneユーザーの開発者体験向上のためにチームが発足

 永田新太郎氏は2018年にサイボウズに新卒入社した。配属はkintoneの開発チーム。なおkintoneとは、開発の知識がなくても業務に合わせたシステムを簡単に開発できるクラウドサービスだ。

 永田氏は入社から2020年3月までkintone新規機能開発チームでプログラマをしていた。加えて、2019年10月からはDX開発チームにて、自社製品のDXについてあれこれと模索した。今回の軌跡は後者がメインとなる。

 DXということで、デジタルトランスフォーメーションを思い浮かべた方も多いだろう。しかし今回のDXとは開発者体験(Developer eXperience)のこと。また開発者と言っても、サイボウズでkintoneのサービスを開発する開発者ではなく、サイボウズのkintoneを用いて業務システムを開発する開発者を指す。

DXは
ここでの「DX」とはkintoneを用いて業務システムを開発する開発者の体験を指す

 先述の通り、kintoneは業務システムを開発するためのクラウドサービスであり、プラットフォームだ。多くの機能をGUIで開発できるものの、プログラムを用いて、より高度な機能開発をすることもできる。例えばREST APIでデータベースにあるデータを操作する、データ操作に紐付いたWebhookを送信する、JavaScriptやCSSでUIをカスタマイズするといったことが可能だ。

 このkintoneでは有志が開発した非公式な開発用ツールが乱立していた。一部のツールは自社でメンテナンスしていたが、開発の品質や体制が決して十分ではなかった。そこで「Production Readyな公式ツールが必要だ」という声から、正式なツールを開発するチームとしてDX開発チームが発足した。当時のメンバーは永田氏含めてプログラマが3人。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:【デブスト2021】セッションレポート

著者プロフィール

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Onlineの取材・記事や、EnterpriseZine/Security Onlineキュレータ...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5