CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

【WWDC2022直前!】WWDC2021で発表されたXcode CloudとSwiftUIについて

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/05/17 11:00

 Worldwide Developers Conference(以下、WWDC)は、Appleが毎年6月ごろに開催する開発者向けイベントです。iOSやwatchOSの最新機能も発表されるため、Appleファンも注目しています。セッション数は200を超え、情報量も多いです。そこで本連載では、2021年に開催されたWWDC2021で、新しく追加されたAPIや新OSの便利な使い方を紹介します。第3回となる今回は、Xcode CloudもSwiftUIについてご紹介します。

目次

はじめに

 本記事はWWDC2021にて新しく追加されたAPIや新OSの便利な使い方を紹介する連載記事の第3回となります。今回はWWDCの発表内容から、特にXcode Cloud、およびSwiftUIの発表に関するものをまとめています。

 Xcode CloudもSwiftUIも一度導入すると今後の開発と一心同体。アプリケーション開発の核心に据えられるか、ぜひこの記事を読んでご判断ください。

Apple純正のCI/CDサービスXcode Cloudの登場

 このセクションではXcode Cloudの紹介をします。Xcode CloudはAppleが新しく発表した継続的インテグレーション(以降、CI)および継続的デリバリー(以降、CD)サービスです。最大の特徴はXcodeに組み込まれている事であり、普段コーディングに使っているXcodeからCI/CDのワークフローの編集やジョブが成功しているかの確認が可能となります。

 Xcode Cloudは開発者だけではなくCI/CDサービスプロバイダーであるBitriseからもブログにて言及されるなど多くの話題を呼び込みました。

Xcode Cloudによって変わるXcode

 Xcode Couldの登場に伴い、XcodeからCI/CDに関する機能にアクセスできるようになりました。

 Xcodeの左部にあるサイドバーからは、後述する各ワークフローのビルド結果を確認する事ができます。普段使う開発環境であるXcode上でビルド状況を把握できるため、終了後の結果確認を忘れることもなくなりそうです。

 ビルド結果をクリックすると、そのビルドの詳細を確認できます。ここにはビルドのログやテスト結果が表示されます。この画面の右上にはRebuildボタンがあり、ワークフローを再実行する事が可能です。そしてその隣のCheck Outボタンからはローカル環境へチェックアウトすることができます。

 さらに、エラーログにあるジャンプボタンからエラーが発生しているソースコードへ直接移動する事ができます。従来のWeb上で動作するCI/CDサービスでは、Web上に表示されるビルドログから問題箇所と照らしわせ、手元の環境で問題のあるソースコードを探していました。その工程をボタン1つでショートカットできるのは非常に便利だと感じました。

 なお、App Store ConnectからもXcode Cloudの機能にアクセスして設定を行うことが可能です。例えば、下記の画像の例では通知設定からSlack通知をオンにしています。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:iOSエンジニアたちと振り返るWWDC

著者プロフィール

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5