CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

MILIZEと三菱UFJ信託銀行、AI活用によるネガティブニュース記事ラベリングシステムを共同開発

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/07/06 10:00

 MILIZEは、三菱UFJ信託銀行と共同で、ニュースベンダーなど複数の情報ソースから配信されるさまざまなビジネス関連情報に対し、自然言語処理技術の1つである「BERTモデル」を用いて、特定の情報の抽出および優先順位付けを行う、ラベリングシステムを開発したことを7月4日に発表した。

 MILIZEは、市場運用やリスク管理業務の高度化に強みを持つAIベンダーで、オルタナティブデータや自然言語処理を活用して、機関投資家や個人投資家における運用業務のDX化支援を行っている。三菱UFJ信託銀行では、国内外のマーケットを対象とした市場運用業務において、投資の意思決定などにあたって多種多様な情報の収集、分析を行っている。

 MILIZEと三菱UFJ信託銀行が共同開発した本システムでは、多様な情報ソースから日々配信されるビジネス関連情報がスクリーニングされ、金融専門用語や特有な文脈を有するものに対して、機械学習モデルが特定の企業や組織などの「投資・経済活動」に関連する記事、「アンチ・マネーロンダリング、経済制裁」に関連する記事などのネガティブニュースとしてラベリング・優先順位付けを行う。ラベリング結果は、ID取得者であればWeb画面上で確認可能。

 本システムが実用化にいたれば、効率的な業務体制が構築され、作業の効率化や所要時間の短縮などを見込んでいる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5