Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Windows Server 2008 日本語版、本日よりダウンロード提供開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/02/05 13:00

マイクロソフトは2月5日、次期サーバーOS「Microsoft Windows Server 2008 日本語版」の開発を完了し、同日よりMSDNおよびTechNet会員向けにダウンロード提供を開始した。

 マイクロソフトは2月5日、次期サーバーOS「Microsoft Windows Server 2008 日本語版」(以下、Windows Server 2008)の開発を完了し、同日よりMSDNおよびTechNet会員向けにダウンロード提供を開始した。ボリュームライセンスでの販売は3月1日から。パッケージ製品およびWindows Server 2008搭載サーバー製品の提供開始は未定となっている。

 Windows Server 2008では、「IIS 7.0」「Windows Server Manager」「Windows PowerShell」といった新しいツールにより管理性が向上した他、仮想化技術を提供する「Hyper-V」、必要なコンポーネントだけをGUIなしでインストール可能にするオプション「Server Core」など、様々な面で機能強化されている。

 なお、4月15日・16日に開催する、次世代プラットフォーム「Windows Server 2008」「Microsoft Visual Studio 2008」「Microsoft SQL Server 2008」に関するイベント「the Microsoft Conference 2008」の参加登録受付も本日より開始した(参加費無料/事前登録制)。

 
【関連リンク】
プレスリリース:Microsoft(R) Windows Server(R) 2008日本語版の開発を完了
製品ページ
the Microsoft Conference 2008

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5