Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Amazon、年内にAWSへコンテンツ配信サービスを追加

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/09/19 19:10

 Amazonは18日、同社が提供するクラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」にコンテンツ配信サービスを追加する計画を発表した。サービス開始は年内の予定。

 Amazonは18日、同社が提供するクラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」にコンテンツ配信サービスを追加する計画を発表した。現在、ベータテスト中であり、年内に一般公開するという。

 この新サービスでは、配信したいコンテンツをストレージサービス「Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)」に置き、APIをコールして公開登録を行う。登録が完了するとドメイン名が返されるので、それに対してHTTPアクセスすることで、コンテンツをダウンロードできるようになる。ユーザーは最寄のサーバーにリダイレクトされるため、高速ダウンロードが可能だという。

 開発者にとっては、1度APIを呼び出すだけで済むのでシンプルで使いやすく、他のAWSと同様、従量課金制度が採用されるため、登録料などの初期費用を抑えられる。

 なお、同社のWebサイトでメールアドレスなどを登録しておくことで、サービス開始時に通知を受け取ることができる。

 
【関連リンク】
AWS Content Delivery Service
We're Never Content:Amazon Web Services Blog

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5