Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Amazon、コンテンツ配信サービス「Amazon CloudFront」ベータ版を公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/11/19 13:10

 Amazonは18日、セルフサービス型のコンテンツ配信サービス「Amazon CloudFront」ベータ版を公開した。[Amazon Web Service]のWebサイトより利用登録できる。

 Amazonは18日、セルフサービス型のコンテンツ配信サービス「Amazon CloudFront」ベータ版を公開した。Amazon Web Service(AWS)のWebサイトより、利用登録することができる。

 CloudFrontでは、「Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)」をストレージとして利用し、コンテンツの配信を行う。Amazon S3に置いたファイルに対してAPIをコールして公開登録を行い、登録完了後に返されるドメイン名に対してHTTPアクセスすることで、コンテンツをダウンロードできるようになる。コンテンツ配布サーバーであるエッジサーバーは、日本(東京)を含む世界14か所に設置。ドメイン名へのリクエストは自動的に、最も近いロケーションにあるエッジサーバーへリダイレクトされる。

 料金は他のAWSサービスと同様、従量課金制を採用。エッジサーバーの場所と転送量、リクエスト数に応じて決定する。日本のエッジサーバー利用時の料金は下記のとおり。

日本のエッジサーバー利用時の料金
項目 料金
1月のデータ転送量(out):最初の10TBまで $0.220/GB
1月のデータ転送量(out):次の40TBまで $0.168/GB
1月のデータ転送量(out):次の100TBまで $0.147/GB
1月のデータ転送量(out):150TBまで $0.137/GB
Getリクエスト $0.013/10,000リクエスト

 なお、WebブラウザーからAmazon S3の操作できるFirefoxの拡張機能「S3Fox」も、既にCloudFrontに対応しており、GUIでのドメイン名割当などが可能となっている。

 
【関連リンク】
Amazon CloudFront
Amazon Web Services Launches Amazon CloudFront(プレスリリース)
Distribute Your Content With Amazon CloudFront:AWS Blog
【関連記事】
Amazon、年内にAWSへコンテンツ配信サービスを追加
流行りのクラウドサービスを操ってみよう!Amazon EC2/S3環境構築のすべて

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5