Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

OSC2009 Tokyo/Spring開催、21日まで

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/02/20 18:08

 オープンソースソフトウェアのコミュニティによる総合展示会「オープンソースカンファレンス(OSC)2009 Tokyo/Spring」が、2月20、21日の2日間にわたり日本電子専門学校7号館(東京都新宿区)を会場に開催されている。

 オープンソースソフトウェアのコミュニティによる総合展示会「オープンソースカンファレンス(OSC)2009 Tokyo/Spring」が、2月20、21日の2日間にわたり日本電子専門学校7号館(東京都新宿区)を会場に開催されている。2004年秋にはじまり東京では10回目となる今回は、80近いコミュニティ・団体・地方自治体などが参加し、最大9トラックで85のセッションが企画され、例年通り1,000 人以上の参加が見込まれる。

 20日には、Ruby開発者まつもとゆきひろ氏が、会場となっている日本電子専門学校の生徒に特別講義を行うなど45のセッションが行われた。なかでも、オープンソースPBX「Asterisk」を利用して庁内IP電話網を自力で構築した、秋田県大館市の中村芳樹氏(産業部商工課商業労政係主事)による「Asteriskでここまで出来る!秋田県大館市のIP電話導入事例紹介」と題したセッションが話題を集め、朝一番にもかかわらず、あいにくの雨模様の中を立ち見も溢れるほどの盛況となり、スーツを着用した参加者の姿も目立った。

 21日には、いまブームとなっている「勉強会」コミュニティが大集合するライトニングトーク大会や、株式会社はてな執行役員田中慎司氏による「はてなでの仮想化技術のあれこれ」、jus研究会東京大会「WebサービスIPv6化をめぐる問題点」、恒例のプレゼント大会や懇親会など、硬軟取り混ぜたセッションが用意されている。

会場の様子
会場の様子

  
【関連リンク】
オープンソースカンファレンス2009 Tokyo/Spring - OSSの春が来る!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5