Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

クラウドとサーバーを同期できる便利ツール「S3Sync」 ~Amazon EC2/S3環境構築のすべて~

第5回 付録

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/03/10 14:00

 今回は「Amazon EC2」を取り巻くデータバックアップの方法の付録として、「Amazon EC2」のデータを「Amazon S3」と同期するツール「S3Sync」を紹介します。

目次

はじめに

 前回は、「Amazon EC2」のバックアップまわりの話題として、「Amazon EBS」の概要や使い方を紹介しました。

 今回は「Amazon EC2」を取り巻くデータバックアップの方法の付録として、「Amazon EC2」のデータを「Amazon S3」と同期するツール「S3Sync」を紹介します。

前提条件

 今回も「Amazon EC2 Command-Line Tools」を利用した方法を紹介していきます。作業前提として、基本的なセットアップが終了し、「Amazon EC2」インスタンス(仮想マシン)は起動しているものとします。セットアップや「Amazon EC2」でのインスタンス起動については、前回までの記事を参考にしてください。

 また、今回紹介するツール「S3Sync」の利用には、別途Rubyが必要となります。「Amazon S3」への接続にHTTPSを利用している場合は、OpenSSLも必要です。これらのソフトウェアがローカルマシンにインストールされていない場合は、別途インストールしてください。

今までの記事

ディスク内容を「Amazon S3」のストレージと同期できる「S3Sync」

 S3Sync」は、お手軽にディスクの内容を「Amazon S3」のストレージと同期することができるツールです。

 皆さんは、UNIXやLinuxではおなじみの「rsync」と呼ばれるツール(コマンド)をご存知でしょうか。rsyncはファイルやディレクトリのミラーリングを行うツールで、ローカル/リモートを問わず、2つのディレクトリなどの内容の差異を高速なアルゴリズムで確認した後、差分のファイルのみ転送し、同期を行うツールです。

 これから紹介する「S3Sync」は、rsyncのような使い方で、ローカルディスクの特定部分と「Amazon S3」のストレージ間を同期(ミラーリング)できるようにするツールです。

 なお、「S3Sync」はオープンソースソフトウェアとして無償で利用することができ、「Amazon EC2」のインスタンスで使うことはもちろん、お手元のパソコンやサーバーでも利用することが可能です。OSのフルバックアップなどとは別に、アプリケーションデータの一部分だけを定期的に「Amazon S3」のストレージにバックアップしたい場合など、普段個人で使っているパソコンなどのデータのバックアップとしても使えるので、ぜひ試してみてください。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 並河 祐貴(ナミカワ ユウキ)

    TIS株式会社 / 社内ベンチャーカンパニー「SonicGarden」所属。オブジェクト指向開発、開発環境・ツール整備に従事した後、近年はRuby on Railsを中心としたオープンソース系ミドルウエアの検証 / 導入や、Xenなどのサーバ仮想化技術をターゲットに取り組んでいる。最近はクラウド・コ...

バックナンバー

連載:流行りのクラウドサービスを操ってみよう!Amazon EC2/S3環境構築のすべて

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5