Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

学術論文データベースの新「CiNii」試験公開
国立情報学研究所が3月9日から

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/03/12 09:56

 学術論文のデータベースサービス「CiNii(Citation Information by NII)」を運営する国立情報学研究所(NII、National institute of infomatics)では、次年度(2009年4月)にリリース予定の次期CiNiiについて、3月9日から試験運用を開始した。次期CiNiiでは、インターフェイスがウェブサービス風に一新されただけでなく、OpenURLやOpenSerch、検索結果のRDF取得など、オープンな仕様にもとづくAPIが提供されている。

 学術論文のデータベースサービス「CiNii(Citation Information by NII)」を運営する国立情報学研究所(NII、National institute of infomatics)では、次年度(2009年4月)にリリース予定の次期CiNiiについて、3月9日から試験運用を開始した。次期CiNiiでは、インターフェイスがウェブサービス風に一新されただけでなく、OpenURLやOpenSerch、検索結果のRDF取得など、オープンな仕様にもとづくAPIが提供されている。

 開発にあたった国立情報学研究所の大向一輝氏のブログによると、機能的には大きな変更はなく、基本的に負荷対策とデザイン・ユーザビリティの向上がテーマだが、それに加えてOpenSearchに対応し、検索結果のRSS 1.0での提供、論文詳細情報のRDF提供、著者情報のFOAF提供といったメタデータ提供や、検索結果および書誌情報ページのXHTMLにマイクロフォーマットを埋め込んでいるという。

 「大学図書館の方が新入生用に資料を作れるように」という配慮で事前に試験公開したとのことだが、試験公開につき以下の制約もある。

  • 機関定額・ユーザ認証機能や本文提供機能とは連携していない
  • CiNii本文収録刊行物ディレクトリの目次ページが作成されていない
  • データは平成20年12月時点のもの

 CiNiiは、正式名称を「NII論文情報ナビゲータ」といい、学協会誌・大学研究紀要・国立国会図書館の雑誌記事索引データベースなど、学術論文情報を検索の対象とする論文データベースサービス。検索された論文の引用文献情報や、本文を参照することもできる。無料で一般公開されている論文については、利用登録なしに検索できる。

 
【関連リンク】
次期CiNii(試験公開)
現行のCiNii
開発者ブログ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5