Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

C言語を学ぶための環境作り

ツールのインストール

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/06/13 18:10

 今回は、C言語を学ぶための環境作りをします。コンパイル環境やシミュレータ、マイコンの初期化プログラムを自動生成してくれるAppliletツールなどをインストールします。

目次

開発ツールを手に入れる

 開発ツールは、SEshop.comのダウンロードサイトからダウンロードしてください。ソフトウェア開発向けシミュレータセットには2つのファイルがありますが、ここではmagboxtoolsV11.exeを使います。約100MBあります。magboxtoolsV11.exeがダウンロードできたら、図1のようにアイコンをマウスで右クリックしてメニューの一番下にあるプロパティを選びます。ファイルサイズが表示されますので図2と同じ値になっているか確認してください。ウィルスチェックソフトをお持ちの方は、念のためファイルをチェックされると、より安全です。

図1:ファイルのプロパティを表示
図1:ファイルのプロパティを表示
図2:ファイルのサイズを確認
図2:ファイルのサイズを確認

 サイズなどに不審な点がなければ、magboxtoolsV11.exeをダブルクリックして実行してください。最初に図3のようにファイルの展開先を聞いてきます。

図3:展開先の指定
図3:展開先の指定

 展開先は、各ツールをインストールするプログラムを一時的に一時的に入れる場所なので、どこでもかまいません。あまり深いフォルダにするとインストールに失敗することもあるので、できればドライブのルート(C:\とかD:\とか)を指定しておくのが安全です。

 「OK」をクリックすると、図4のようにパスワードを聞かれます。magicalboxと入力してください。

図4:展開パスワードの入力
図4:展開パスワードの入力

 以上で、指定フォルダに必要なファイルが展開されます(図5)。

図5:展開されたファイル
図5:展開されたファイル

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 舘 伸幸(タチ ノブユキ)

    NECマイクロシステム株式会社 勤務 NPO法人SESSAME 所属 開発ツールのソフトウェア開発を経て組込みソフトウェア開発に従事。プライベートにも半田ごては手放さない。 2006年からSESSAME に参加。若い世代に物を作る楽しさを伝えていきたい。

バックナンバー

連載:コドモに伝える組込みソフトウェア開発
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5