Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

プログラムの実行

シミュレータとマジカルボックスで動作させる

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/07/17 17:00

 前回でC言語のテストプラグラムをビルドするところまで説明しましたが、うまく再現できましたでしょうか。今回は、ビルドしてできあがった実行ファイルをシミュレータと実際の回路(マジカルボックス)で動作させてみます。

目次

前回までの状態を復活させよう

 まずはPM plusを起動して、前回までの環境を再現します。PM plusを起動すると、図1のように前回のプロジェクトを自動的にロードしてくれます。

図1:PM plus を起動すると、前回のプロジェクトを自動的にロードしてくれる

 うまく元の環境に戻れないときは、図2のように[ファイル]メニューから「ワークスペースを開く(W)」を選びます。図3のようにファイル選択のダイアログが開きますので、前回テストプログラムを作成したフォルダ(この例では D:\mspoon\test1)を指定します。mdt.prwというファイルが見つかるはずですので、それを選択して「開く」をクリックしてください。これで図1の画面になります。

図2:ワークスペースを開く
図3:ワークスペース・ファイルを選択する

 どうしてもうまくいかない時や、前回作成したファイルの一部または全部を消してしまったときは、もう一度前回の作業にもどって、Appliletの操作からやり直すのが一番確実です。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 舘 伸幸(タチ ノブユキ)

    NECマイクロシステム株式会社 勤務 NPO法人SESSAME 所属 開発ツールのソフトウェア開発を経て組込みソフトウェア開発に従事。プライベートにも半田ごては手放さない。 2006年からSESSAME に参加。若い世代に物を作る楽しさを伝えていきたい。

バックナンバー

連載:コドモに伝える組込みソフトウェア開発
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5