Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

コンテスト開催中のWindows Azure
クラウド開発を始めるなら今がチャンス

「New CloudApp()~Azure Services Platform開発コンテスト」の背景

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/06/26 16:25

 Microsoftは現在、開発者に向けて『new CloudApp() ~ Azure Services Platform 開発コンテスト』という、Windows Azureアプリケーションのコンテストをワールドワイドで開催している。コンテストの概要やAzureの今後の展開、開発者へのメッセージなどについて、マイクロソフトのデベロッパー&プラットフォーム統括本部、カスタマーテクノロジー推進部の平野和順氏と大森彩子氏に聞いた。

目次

 Microsoftは、2008年10月にクラウドOS『Windows Azure』や、クラウド・サービス・プラットフォーム『Azure Service Platform』ほか次世代の関連サービスを発表した。現在は商用化の準備段階で、CTP(Community Technology Preview)版の公開や、SDKのダウンロードなどが開始されており、Microsoftは、この秋にも商用展開を開始する予定だ。

 そんなAzureへの注目が高まる中、Microsoftが開発者に向けてワールドワイドで開催中のコンテストが『new CloudApp() ~ Azure Services Platform 開発コンテスト』。コンテストの概要やAzureの今後の展開、開発者へのメッセージなどについて、マイクロソフトのデベロッパー&プラットフォーム統括本部、カスタマーテクノロジー推進部の平野和順氏と大森彩子氏に聞いた。

Azureアプリケーションの開発コンテスト

 「New CloudApp()~Azure Services Platform開発コンテスト」は、Azure Services Platform上にクラウドアプリケーション・サービスを構築する、全世界の開発者を対象とした開発コンテスト。使用言語は、.NETまたはPHPで、アプリケーションやサービスのジャンルは特に問われない。

コンテストの公式ページ(英語)
コンテストの公式ページ(英語)

 全世界を対象にしたこのコンテストで、日本からエントリー可能なものは、世界からの一般投票により決定する「International Community Winner」。受賞者には賞金としてUS$ 2500(Visa Gift Card)、特典として、Microsoft本社(US)主催イベントでのプロモーションが与えられる。このほかマイクロソフト(日本)では、日本からの応募者を対象に「Japan Award」を別途設定している。 Japan Awardには、マイクロソフトが審査を行い選出する「Japan Award Grand Prize(一般の部、学生の部)」や、全世界からの一般投票により決定する「Japan Community Winner」などがある。

日本語でコンテストを解説したページ
日本語でコンテストを解説したページ

 Microsoftでは、このコンテストをきっかけとして、開発者がクラウドのアプリケーション開発を体験することによって、クラウドの可能性を実感していただくことを目標としているという。コンテストに参加してほしい開発者について大森氏は「今後のキャリアアップを考えている開発者の方に、Azure Service Platformの開発を早期に体験していただき、クラウド時代のアプリケーション開発をリードする立場になってもらいたいと考えています。また、企業の開発者だけでなく、新しく参入される個人の方、例えばプログラミングを学習している学生の方、プログラミングを趣味としている方なども大歓迎です」とした。

コンテストの応募方法

 応募は、6月1日から開始されており、締め切りは、米国東部標準時で2009年7月9日(木)12:00PM、日本時間では7月10日(金)の午前1時と間近に迫っている。平野氏は「締め切りまであまり時間がありませんが、既に持っているアプリケーションをAzure Service Platformにアップするというのもありです。Azureにおける開発は、既存のアプリケーション開発知識を応用できます。特に、.NETの開発者にとってはハードルが低いと思います。一から勉強するのではなく、デスクトップでサンプルプログラムを動かすといった開発の延長線上でできると思うのですが、何か大変なことをやらなければならないというイメージをお持ちの方も多いようです。『意外とカンタンにできる』ということも体験してほしいです」と語る。

 応募方法は、「new CloudApp() 」の公式サイト(英語)から、作品であるWebアプリケーション・サービスが参照できるURLを登録する。事前にWindows Live IDの取得と、それに紐付けしたAzure IDの登録が必要だ。

コンテストのエントリーページ(Registration and Contest Submission)
コンテストのエントリーページ(Registration and Contest Submission)

 現在、Azure Service Platform上に日本からアップされているアプリケーションは数百あり、お試し的なものもあれば、本格的なものもあるという。既にAzureにアップされているものもコンテストの対象になりうるので、そのまま応募しても良いし、締め切りまでに磨きをかけるのもいいだろう。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 森 英信(モリ ヒデノブ)

    出版物やWeb・モバイルコンテンツの企画制作事業を手がける、株式会社エフエックスビイ代表。最近企画した書籍に『FFmpegで作る動画共有サイト』(毎日コミュニケーションズ)、『Flashでデザイン差がつくBlogサイトの作り方 2nd Edition』(アスキーメディアワークス)などがある。

バックナンバー

連載:話題のあの人にインタビュー!

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5